今月の一言二言 #8

 ♯8 マナー違反の

いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの、いわゆる「クールビズ」で仕事をされている方も多いことでしょう。クールビズとは、"涼しく"そして"かっこよく"ビジネスを。という2つ意味を含んだ造語。2005年、最近何かと話題のあの方(現・東京都知事)の呼びかけではじまりました。
それ以前にも「省エネルック」なるものが提唱されたことがありました。ただあの時は、政治家が半袖スーツを着て一生懸命アピールしたにもかかわらず大失敗。その理由は、とりもなおさず、見た目が「アウト」だったからです。

クールビズが定着した理由は、特別なファッションを押し付けなかったことにあります。省エネルックはかなり陳腐な半袖スーツの推奨であったのに対して、「失礼がない程度に涼しい装いをしましょう」というのがクールビズの本質。つまり、装いのルールは、基本的に本人の"常識"に委ねられているわけです。ところがその一方で、「さすがにこれはどうだろう?」と思える人をチラホラ見かけます。

とくに目につくのがシャツのYゾーン、つまり首元をどこまで開放するかの線引きです。明確な決まりはないものの、やはり第1ボタンまでがクールビズの限界と考えるべきです。また、汗でシャツが素肌に貼り付き、透けているのもやっぱりアウト。どんなに暑くても、ビジネスマンならアンダーシャツは必須です。
詰まるところ、クールビズとは、その人の"マナーが試される自由"ということもできるのです。
(記事:編集部)

オフィス探しにも「クールさ」を!

オフィスが快適!そう思えてこそ効率はアップします。
また、訪れる人に不快な印象を与えないことも大事なポイント。
そんなオフィスをお探しなら、さっそくWEB検索を!
http://www.e-miki.com

  • *検索結果はオフィス探しの参考としてご自由にお使いください
  • *こちらから一方的に検索された方にご連絡することはございません
  • *下記までお電話いただければオフィスの詳細はご案内させていただきます
  • *0120-38-8127
  • *受付時間:9時-17時/土日祝日除く
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/07/03
▼構成・記事=編集部 ▼監修=吉村高廣

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ