今月の一言二言 #10

♯10 アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか

『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』
これは10月24日の新聞記事の見出しです。内容を要約すると、2018年1月に広辞苑が10年ぶりに改訂され第7版が発売。若い世代が使う「のりのり」や「がっつり」といった口語表現のほか、「クラウド」や「フリック」などのIT関連用語、さらには「赤塚不二夫」をはじめとする漫画分野から「日本語として定着した言葉」が新たに1万項目追加されるのだそうです。

広辞苑は日本の代表的な国語辞典です。しかし今はデジタル全盛期。広辞苑に限らず紙の辞書を手にする機会はほぼありません。
ところがなぜ、アナログの極みともいえる3000ページを超す分厚い辞典が、20万部という超ベストセラー並みの販売が見込めるのか。ある言語学者は、「いかにIT技術の革新で言語検索が便利になろうとも、広辞苑には利便性を超えた言語理解の"安心感"があるからだ」と分析しています。

いまのビジネスでは"効率化"が重要視されます。また、それを実現させるためにさまざまなデジタルツールが開発されています。ただそれらは、業務をスピーディーにこなすことを主眼に置いたものであり、仕事の本質である「考えること」や「コミュニケーション」については、今なお個人のスキルや地道な営みによって評価が左右されます。
つまり、辞書も、人間も、多少アナログであっても、本質を極めようと努めるものだけが成長でき、生き残ってゆける時代。そんなふうに考えられるのではないでしょうか。
(記事:編集部)

効率的かつ成長できるオフィス選びを

デジタル時代に対応し、
本質的な部分も疎かにしない。
そんなビジネスプランをお持ちなら、
三鬼商事がお手伝いできます。
http://www.e-miki.com

  • *検索結果はオフィス探しの参考としてご自由にお使いください
  • *こちらから一方的に検索された方にご連絡することはございません
  • *下記までお電話いただければオフィスの詳細はご案内させていただきます
  • *0120-38-8127
  • *受付時間:9時-17時/土日祝日除く
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/11/04
▼構成・記事=編集部 ▼監修=吉村高廣

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ