偉人たちの言葉 #3

第三回 西郷隆盛の度量 第三回 西郷隆盛の度量

一部の歴史研究家の中には、人をまとめるリーダーとして「西郷隆盛は不適格であった」と評価する向きもあるようです。その理由は、西郷は身近な人との摩擦を避けるがために、部下の過失に対しても寛容であり過ぎたというものです。その一方で、そうした度量の大きさこそが西郷の人格の本質で「この上なく魅力的なリーダーであった」という対論もあります。さて、皆さんが仕事でミスをした時、上司からどのような言葉をかけられたら気持ちをリセットできるでしょう?西郷は次のような言葉を残しています。
過ちを改めるにあたっては、
自分から誤ったとさえ思いついたら、
それで良い。
そのことをさっぱり思いすてて、
すぐ一歩前進することだ。

過去の過ちを悔しく思い、
あれこれと取りつくろおうと心配するのは、
たとえば茶碗を割って
そのかけらを集めてみるのと同様
何の役にも立たぬことである。



超解説
青年期の西郷は相当な頑固者だったそうです。それゆえ敵も多く、人間関係でも幾多の失敗をしています。その最たる例が、島津久光を軽んじ、態度と口が災いした2度目の流刑でしょう。これは明らかに西郷の慢心でした。
この経験で西郷がどれだけのダメージを受け、何を考えたかは定かでありませんが、艱難辛苦の中で西郷は変身したとされています。しかし西郷は、反省の弁を一切述べていません。当然ながら「やっちまったな」と心の中では猛省したでしょうが、後悔したり、言いつくろったりすることはしていません。肝心なことは、次の一歩をどう踏み出すかです。それを死と隣り合わせの沖永良部島で考えていたのでしょう。事実"度量の大きな魅力的な人物"として名を残す西郷の活躍は、ここから始まったのです。
西郷隆盛(軍人・政治家・革命家/1828~1877) 大久保利通、木戸孝允とともに明治維新の三傑と呼ばれる。第二次長州征伐以後、倒幕の指導者として薩長同盟・戊辰戦争に尽力。維新後、新政府の参議・陸軍大将となるも、西南戦争に敗れて城山で自刃した。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/07/01
▼構成=編集部

過去の記事

Officeオブジェクション
〈3〉
オフィスにも"サブスク"の波 バブル景気の華やぎがまだかろうじて残っていた1990年代前半... 2020.07.02更新
若手のための
“自己キャリア”〈11〉
〈11〉
三行メールの功罪 ビジネス関連のWEBサイトを眺めていると... 2020.06.26更新
企業見聞
〈23〉
ショッピングセンターの草分けとして、 明るい未来を展望する。 昭和26年、戦後の銀座の復興と交通渋滞の緩和を目的に... 2020.06.22更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
コロナブルーからココロの健康を保つ 新型コロナがもたらした閉鎖的な環境(自粛生活)の中で... 2020.06.16更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈6〉
家庭用ビアサーバー 4月の上旬、世界中でSTAY HOME!... 2020.06.08更新
領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新
Officeオブジェクション
〈2〉
職場のソーシャルディスタンス 「ソーシャルディスタンス」という言葉をよく耳にするようになりました... 2020.04.21更新
若手のための
“自己キャリア”〈10〉
〈10〉
人脈づくりは金脈づくり 反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界... 2020.04.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ