偉人たちの言葉 #2

第二回 西郷隆盛の仕事観 第一回 西郷隆盛の仕事観

"討幕"といった大仕事を成し遂げて、明治という新時代を切り拓いた維新三傑の一人・西郷隆盛。大河ドラマではその活躍ぶりが「人とのかかわり」に焦点を当てて描かれていたように思います。それはまさしく「人望こそが最大の武器」と言われる西郷なればこそ。しかしながら仕事に臨む時の姿勢は、目先の成功で慢心しない、かなりシビアな仕事観を持った人物であったことがこの言葉からうかがい知れます。
事業を始める人が、
その七、八割まではうまくやるが、
残りの二、三割を
終りまで成し遂げる人の少ないのは、
はじめはよく己れを慎んで、
事を慎重にするから成功もし、
名も世に知られるようになる。
ところが、
功を成して名も知られるようになると、
いつしか自分を愛する心が起こり、
恐れ慎むという心が緩み、
驕り高ぶる気持ちが多くなり、
成功したことを自惚れて、
何でもできるという過信のもとに、
出来の悪い仕事をしてついに失敗する。
超解説
西郷がその生きざまで最も警戒していたのが己の「慢心」です。「討幕」は、まさしく国をひっくり返すような大仕事。ドラマでは克明に描かれてはいませんでしたが、ドロドロとした足の引っ張り合いや駆け引き、裏切りなども茶飯事だったはずです。こうした中にあって西郷は、常に己を戒め、警戒を怠らず、神経質なくらい慎重に準備を進めていたようです。これはまさしく企業の経営においても個々のビジネスパーソンにとっても、成長や成功を考える上でしっかりと心したい教訓です。人は慢心すると往々にしてガードが甘くなり、自惚れ、初心で誓った努力を怠りがち。結果、仕事の出来も雑になります。肝心なことは成功の着地点です。事実、その位置が高い企業ほど競争力があり、ダイナミックな発展を遂げています。
西郷隆盛(軍人・政治家・革命家/1828~1877) 大久保利通、木戸孝允とともに明治維新の三傑と呼ばれる。第二次長州征伐以後、倒幕の指導者として薩長同盟・戊辰戦争に尽力。維新後、新政府の参議・陸軍大将となるも、西南戦争に敗れて城山で自刃した。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/03/11
▼構成=編集部

過去の記事

Officeオブジェクション
〈3〉
オフィスにも"サブスク"の波 バブル景気の華やぎがまだかろうじて残っていた1990年代前半... 2020.07.02更新
若手のための
“自己キャリア”〈11〉
〈11〉
三行メールの功罪 ビジネス関連のWEBサイトを眺めていると... 2020.06.26更新
企業見聞
〈23〉
ショッピングセンターの草分けとして、 明るい未来を展望する。 昭和26年、戦後の銀座の復興と交通渋滞の緩和を目的に... 2020.06.22更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
コロナブルーからココロの健康を保つ 新型コロナがもたらした閉鎖的な環境(自粛生活)の中で... 2020.06.16更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈6〉
家庭用ビアサーバー 4月の上旬、世界中でSTAY HOME!... 2020.06.08更新
領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新
Officeオブジェクション
〈2〉
職場のソーシャルディスタンス 「ソーシャルディスタンス」という言葉をよく耳にするようになりました... 2020.04.21更新
若手のための
“自己キャリア”〈10〉
〈10〉
人脈づくりは金脈づくり 反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界... 2020.04.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ