偉人たちの言葉 #2

第二回 西郷隆盛の仕事観 第一回 西郷隆盛の仕事観

"討幕"といった大仕事を成し遂げて、明治という新時代を切り拓いた維新三傑の一人・西郷隆盛。大河ドラマではその活躍ぶりが「人とのかかわり」に焦点を当てて描かれていたように思います。それはまさしく「人望こそが最大の武器」と言われる西郷なればこそ。しかしながら仕事に臨む時の姿勢は、目先の成功で慢心しない、かなりシビアな仕事観を持った人物であったことがこの言葉からうかがい知れます。
事業を始める人が、
その七、八割まではうまくやるが、
残りの二、三割を
終りまで成し遂げる人の少ないのは、
はじめはよく己れを慎んで、
事を慎重にするから成功もし、
名も世に知られるようになる。
ところが、
功を成して名も知られるようになると、
いつしか自分を愛する心が起こり、
恐れ慎むという心が緩み、
驕り高ぶる気持ちが多くなり、
成功したことを自惚れて、
何でもできるという過信のもとに、
出来の悪い仕事をしてついに失敗する。
超解説
西郷がその生きざまで最も警戒していたのが己の「慢心」です。「討幕」は、まさしく国をひっくり返すような大仕事。ドラマでは克明に描かれてはいませんでしたが、ドロドロとした足の引っ張り合いや駆け引き、裏切りなども茶飯事だったはずです。こうした中にあって西郷は、常に己を戒め、警戒を怠らず、神経質なくらい慎重に準備を進めていたようです。これはまさしく企業の経営においても個々のビジネスパーソンにとっても、成長や成功を考える上でしっかりと心したい教訓です。人は慢心すると往々にしてガードが甘くなり、自惚れ、初心で誓った努力を怠りがち。結果、仕事の出来も雑になります。肝心なことは成功の着地点です。事実、その位置が高い企業ほど競争力があり、ダイナミックな発展を遂げています。
西郷隆盛(軍人・政治家・革命家/1828~1877) 大久保利通、木戸孝允とともに明治維新の三傑と呼ばれる。第二次長州征伐以後、倒幕の指導者として薩長同盟・戊辰戦争に尽力。維新後、新政府の参議・陸軍大将となるも、西南戦争に敗れて城山で自刃した。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/03/11
▼構成=編集部

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ