偉人たちの言葉 #1

第一回 西郷隆盛の金銭感覚 第一回 西郷隆盛の金銭感覚

大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。ずば抜けた決断力と実行力をもって幕末最強の組織をつくりあげた明治維新のリーダーです。ドラマでは人望の厚さで功を成してゆく大らかな姿が印象的でしたが、藩の財務については無駄な出費やどんぶり勘定をとことん嫌い、安定的な組織運営を行う金銭感覚に優れた人物だったそうです。今回は、そんな一面をうかがい知る金言を紹介します。
会計出納はすべての制度の基礎である。
国家事業はこれによって成り立ち、
国家運営の最も重要なことであるから、
慎重にしなければならない。

常備する兵数についても、
会計の制限の中で対処すべきで、
虚勢を張ってむやみに兵隊を増やすことなど
決してしてはいけない。

兵士の心を奮い立たせて、
すぐれた軍隊をつくりあげれば、
たとえ兵の数は少なくても、
外国との折衝は堂々として、
あなどりを受けるようなことはないであろう。
超解説
革命家としての西郷は「正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論である。」という言葉を残しています。僻論(へきろん)とは、道理に合わない偏った発想や意見のこと。つまり彼は、異端であることこそが世の中や組織を変える力になると断言しているのです。ところが、薩摩藩の経営を司るリーダーとしては、お金についてかなり慎重な考え方を持っていたことがこの言葉から分かります。ここが、大胆にして繊細たる西郷ならではの所以。異端の心と正当な金銭感覚、この2つを持っていたからこそ世の中に一石を投じることができ、その活躍が語り継がれてきたのでしょう。そんな西郷が"お年玉100億円"の大盤振舞いを知ったらなんと言うか。今なおこの世にあったなら、ぜひとも聞いてみたいところです。
西郷隆盛(軍人・政治家・革命家/1828~1877) 大久保利通、木戸孝允とともに明治維新の三傑と呼ばれる。第二次長州征伐以後、倒幕の指導者として薩長同盟・戊辰戦争に尽力。維新後、新政府の参議・陸軍大将となるも、西南戦争に敗れて城山で自刃した。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/01/21
▼構成=編集部

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ