偉人たちの言葉 #3

超解説 若手が心に刻みたい 偉人たちの言葉

怒りについて

When angry, count to four.頭に来たら、4つ数えろ。

Mark Twain(マーク・トウェイン/1835 - 1910)

南北戦争後に活躍したアメリカ・リアリズム文学を代表する小説家の一人。世界中で出版された代表作「トム・ソーヤーの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」は、アメリカ文学の礎を築いたと言われている。

解説
怒りのピークは6秒で、それ以降は徐々にクールダウンしてゆくという説があります。科学的根拠の有無は別として、体感的に、この「頭に来たら、4つ数えろ」は納得できる説ではないかと思います。「売り言葉に、買い言葉」という諺がありますが、不本意なことを言われて反射的に言い返してしまうと、話がややこしくなるケースが多いものです。カチンと来たらひと呼吸おく。これは大人の嗜みといってもいいでしょう。実はこの言葉、次のように続きます。when very angry, swear.(完全に頭に来たら、罵れ)。これができれば、さぞかしスッキリすることでしょうが、ビジネスシーンで実践したら、きっとアウトです。
Heat not a furnace foe your for so hot That it do singe yourself.相手に向けた火のような怒りも、燃やし過ぎては自分が火傷する。

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア/1564 - 1616)

ルネサンス期を代表するイギリスの劇作家。巧みな心理描写を得意とし、「ハムレット」を始めとする四大悲劇は現在でも世界中で公演されている。その影響力から「史上最も優れた劇作家」とも呼ばれている。

解説
シェイクスピアは多くの名言を残していますが、これは"自制心"の大事さを教えてくれる含蓄のある名言です。自制心を失う最大の要因は"怒り"です。そして怒っている人というのは、往々にして我を見失い、話の本質が逸れてゆく傾向にあります。例えば、部下が犯したミスについて指摘をしているうちに、「話を聞く態度が気にいらん!」となって、叱責の対象がどんどんすり替わっていく。いわゆる、怒っているうちに自分の怒りに油を注ぎエスカレートしてゆくタイプです。これでは相手もウンザリです。結果、いざという時、誰も手を貸そうとしなくなる。この言葉は、自分の怒りの業火に焼かれぬための戒めです。
Beware the fury of a patient man.辛抱強い人が怒ったら、要注意だ。

John Dryden(ジョン・ドライデン/1631- 1700)

イギリスの詩人・劇作家・批評家。王政復古時代の思潮を反映する作品を数多く発表。生前、特に詩人としての影響力は計り知れないほど大きく、その活躍ぶりで「ドライデンの時代」を築いたと言われている。

解説
怒りが日常化している人に対しては、周りの人も「また怒ってる」と慣れっこになって、右の耳から左の耳へと、かわし方を心得ます。一方、普段は穏やかな人が怒った時は本当に怖いもの。その理由は、怒り方の加減を知らないからです。穏やかな人といえどもストレスを感じることは当然あります。その気持ちを小出しにせず、極限まで自制するのが穏やかな人の特徴です。「キレる」という言葉がありますが、穏やかな人が怒った時は、まさしく自制のテンションがキレた状態。そしてそれは、破壊的なエネルギーを生み出します。ドライデンのこの言葉は、円滑なコミュニケーションを築く上で忘れてはならない教訓です。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/07/30
▼構成=編集部

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈13〉
〈13〉
良品とは"廉価"でなく"適価"である 1970年代から80年代にかけて数を増やし、定着期... 2020.01.14更新
働く男の健康ライフ
〈13〉
現代の生活習慣病 スマートフォン症候群 IT関連の調査会社がおこなったアンケートによると... 2020.01.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈14〉
〈14〉
maybe 安易な「たぶん」は要注意 全米のベストセラー『The Third Door』の中で、ビル・ゲイツは... 2019.12.17更新
オフィス探訪
〈3〉
これなら行きたい! Chatwork株式会社のオフィスに納得 ネットワーク上でリアルタイムなコミュニケーションを実現する... 2019.12.12更新
エリア特集
〈22〉
都市機能をバージョンアップ 活気に満ちたビジネスエリアに 静岡市 静岡市は県の中部に位置する県庁所在地です。さかのぼれば、徳川家康が... 2019.12.04更新
リーダーズ・アイ
〈8〉
振付師 akaneの視点 1985年に流行った荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」... 2019.11.27更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈4〉
内脂サポート 40歳を過ぎたころ、腹の肉をつかみながら「この贅肉を筋肉に... 2019.11.13更新
若手のための
“自己キャリア”〈9〉
〈9〉
アンストラクチャー ラグビーワールドカップ日本大会が終わって、巷では「ラグビー・ロス」... 2019.11.11更新
企業見聞
〈21〉
半導体から宇宙開発事業 産業を支えるエネルギーの担い手 C型小惑星「Ryugu」から試料石の持ち帰りを目的とした「はやぶさ2」... 2019.10.28更新
領国経営
影の実力者たち〈7〉
〈7〉
新発想・新技術によって幕府を支え、大きく社会貢献した傑物 藤堂高虎 若き日の高虎は"転職"を繰り返したため... 2019.10.24更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈12〉
〈12〉
問題発見型の"ソリューション眼"を持つ 近年、企業の課題を解決するソリューションビジネスが... 2019.10.08更新
偉人たちの言葉
〈4〉
西郷隆盛の人事 「部下の気持ちを理解したい」という中間管理職にとって... 2019.09.24更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ