偉人たちの言葉 #2

超解説 若手が心に刻みたい 偉人たちの言葉

新しいことを始める時

I frame no hypotheses.私は仮説をつくらない。

Isaac Newton(アイザック・ニュートン/1642-1727) 

英国の哲学者、自然哲学者、物理学者、数学者、天文学者。ニュートン力学を確立して科学文明の土台をつくった。万有引力の法則、微積分法の発明、光のスペクトル分析は全て25歳頃までに成し遂げた。

解説
計画に基づいたリスクヘッジが言われる現代のビジネスシーンにおいて、この言葉はその対極にある考え方と言えるでしょう。仮説を立てない新事業など現実的には無謀、とお考えになる方も少なくないと思います。この言葉は、そんな方にこそ吟味していただきたいと思います。何か新しいことを始める時には、着地イメージ(仮説)を持っていた方がブレがありません。しかし、仮説を立ててしまうと、それが先入観となって柔軟な発想ができなくなる場合もあります。結果、途中で疑問に思っても軌道修正できずに、仮説通りに"間違った着地"をしてしまうことになり兼ねない。ニュートンは、そこを示唆しています。
Indecision is often worse than wrong action.決断しないこと。時にそれは、間違った行動より悪い。

Henry Ford(ヘンリー・フォード/1863-1947)

フォード・モーター創業者。1918年までに米国で保有される自動車の半分はT型フォードとなり、最終的な販売台数は1,500万台を超え、米国の発展のシンボルとして産業と交通に大革命をもたらした。

解説
ビジネスの大原則は「先手必勝」に他なりません。他社(他者)に先んじて事を起こし、走りながら考え、途中で問題が顕在化すれば、臨機応変に修正をしてゆくことが肝心です。例えば、新しい商品や新サービスを市場導入しようとする場合に、マーケティングや社内稟議に時間をかけ過ぎた余り、競合相手に先を越されてしまったという残念なケースをしばしば耳にします。「あのとき決断しておけば」と思っても後悔役にたたず。2番手の市場認知度は、1番手の半分以下になるそうです。間違いは正すことができますが、決断せずに逃した影響力は回復させるのが困難です。ニュートンの示唆と相通じる部分がある言葉です。
I owe my success to the fact that I never had a clock in my workroom.私が成功したのは、仕事部屋に時計がなかったからである。

Thomas Edison(トーマス・エジソン/1847-1931)

米国の発明家、起業家。「発明王」と言われ、生涯でおよそ1,300もの発明を行った。前出の自動車王のヘンリー・フォードは「エジソン電灯会社」の従業員であり、エジソンとは生涯の友人でもあった。

解説
働き方改革が言われ、労働時間の短縮についてさまざまな議論が行われている日本において、エジソンのこの言葉は大いに考えさせられます。発明は、すべてが0からスタートする未知なるもので、当然ながらその過程においては"残業"などという概念はありません。時間の枠にとらわれず、それこそ寝食を忘れて目の前のことに取り組んでこそ、良き成果は導かれるもの。世紀の発明王はそう言っているのです。もちろん私たちは発明家ではありません。「今の時代ナンセンスだよ」と言われれば、確かにそうかも知れません。しかし、新しいことにチャレンジしようとする時は、そのくらいの気概を持って臨みたいものです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/05/02
▼構成=編集部

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ