偉人たちの言葉 #1

超解説 若手が心に刻みたい 偉人たちの言葉

逆風に晒された時

It always seems impossible until it's done. 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。

Nelson Mandela(ネルソン・マンデラ/1918-2013)

反アパルトヘイト闘争指導者。反逆罪で28年間獄中生活を送り1990年に釈放。翌年アフリカ民族会議議長を経て第8代大統領に就任。1993年にはノーベル平和賞を受賞。

解説
人種や肌の色が違うことを理由に、多くの権利を制限する「人種隔離政策」と闘って、南アフリカが"平等"を手に入れたこと。これは20世紀における1つのエポックと言って良いでしょう。その礎をつくったのが「反アパルトヘイト闘争」のリーダー、ネルソン・マンデラです。この言葉は、氏の代表的な名言で、先の見えない状況でも諦めることなく取り組めば、解決の糸口は必ずみつかることを示唆しています。仕事にも同じことが言えます。困難な事態に直面した時、「できるだろうか...」と、気持ちが後ろ向きになることもあるでしょうが、それを乗り越え、仕事を達成した後には、ひと回り大きく成長しているはずです。
In the middle of difficulty lies opportunity.困難の中にこそ機会がある。

Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン/1879-1955)

物理学。光量子仮説や特殊相対性理論、一般相対性理論を発表。天才物理学者として人々の宇宙観を大きく変えた。1993年米国に亡命。1905年「光電効果の法則」でノーベル賞受賞。

解説
相対性理論を発表したとき、わずかな人しか私を理解しなかった。そして今、私が発表しようとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう...。これは、アインシュタインが娘にあてた手紙の一文です。人類最高の天才科学者と称されるアインシュタインですが、実際には、日々の研究の苦悩だけでなく、人々からの無理解という壁に悩んでいたことがこの手紙から伺い知れます。しかしアインシュタインは、そうした数々の困難を"成果を出す"ことで乗り越え、理解されてきました。裏返せば、数々の困難こそが前進するモチベーションだったのでしょう。これはきっと、日々の仕事でも同じことが言えるはずです。
Kites rise highest against the wind ? not with it. 凧が高く上がるのは向かい風の時だ。風に流されている時ではない。

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル/1874-1965)

イギリスの政治家・文筆家。1953年、回顧録『第二次世界大戦』により、ヘミングウェイを退けノーベル文学賞受賞。晩年は「現代の最も偉大なイギリス人」と評された。

解説
ウィンストン・チャーチルが首相に就任したのは、第二次世界大戦さなかのこと。イギリスは絶望的な戦況にありました。そんな逆風にあってチャーチルの働きぶりは壮絶で、疲れ知らずに働いたといいます。そんな彼のエネルギーが、側近たちやイギリス国民を奮い立たせ、絶望的だった戦いを勝利に導いたのです。ビジネスの現場も、常に順風満帆とは限りません。むしろ逆風の時の方が多いはず。その風を捉えて自分の力に変えることができるかが、上昇気流に乗る決め手となります。また、追い風に乗って流されている時は、見えなかったものが見えてくるのも逆風の時。自分を顧みる絶好のチャンスでもあるのです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/02/27
▼構成=編集部

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ