偉人たちの言葉 #1

超解説 若手が心に刻みたい 偉人たちの言葉

逆風に晒された時

It always seems impossible until it's done. 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。

Nelson Mandela(ネルソン・マンデラ/1918-2013)

反アパルトヘイト闘争指導者。反逆罪で28年間獄中生活を送り1990年に釈放。翌年アフリカ民族会議議長を経て第8代大統領に就任。1993年にはノーベル平和賞を受賞。

解説
人種や肌の色が違うことを理由に、多くの権利を制限する「人種隔離政策」と闘って、南アフリカが"平等"を手に入れたこと。これは20世紀における1つのエポックと言って良いでしょう。その礎をつくったのが「反アパルトヘイト闘争」のリーダー、ネルソン・マンデラです。この言葉は、氏の代表的な名言で、先の見えない状況でも諦めることなく取り組めば、解決の糸口は必ずみつかることを示唆しています。仕事にも同じことが言えます。困難な事態に直面した時、「できるだろうか...」と、気持ちが後ろ向きになることもあるでしょうが、それを乗り越え、仕事を達成した後には、ひと回り大きく成長しているはずです。
In the middle of difficulty lies opportunity.困難の中にこそ機会がある。

Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン/1879-1955)

物理学。光量子仮説や特殊相対性理論、一般相対性理論を発表。天才物理学者として人々の宇宙観を大きく変えた。1993年米国に亡命。1905年「光電効果の法則」でノーベル賞受賞。

解説
相対性理論を発表したとき、わずかな人しか私を理解しなかった。そして今、私が発表しようとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう...。これは、アインシュタインが娘にあてた手紙の一文です。人類最高の天才科学者と称されるアインシュタインですが、実際には、日々の研究の苦悩だけでなく、人々からの無理解という壁に悩んでいたことがこの手紙から伺い知れます。しかしアインシュタインは、そうした数々の困難を"成果を出す"ことで乗り越え、理解されてきました。裏返せば、数々の困難こそが前進するモチベーションだったのでしょう。これはきっと、日々の仕事でも同じことが言えるはずです。
Kites rise highest against the wind ? not with it. 凧が高く上がるのは向かい風の時だ。風に流されている時ではない。

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル/1874-1965)

イギリスの政治家・文筆家。1953年、回顧録『第二次世界大戦』により、ヘミングウェイを退けノーベル文学賞受賞。晩年は「現代の最も偉大なイギリス人」と評された。

解説
ウィンストン・チャーチルが首相に就任したのは、第二次世界大戦さなかのこと。イギリスは絶望的な戦況にありました。そんな逆風にあってチャーチルの働きぶりは壮絶で、疲れ知らずに働いたといいます。そんな彼のエネルギーが、側近たちやイギリス国民を奮い立たせ、絶望的だった戦いを勝利に導いたのです。ビジネスの現場も、常に順風満帆とは限りません。むしろ逆風の時の方が多いはず。その風を捉えて自分の力に変えることができるかが、上昇気流に乗る決め手となります。また、追い風に乗って流されている時は、見えなかったものが見えてくるのも逆風の時。自分を顧みる絶好のチャンスでもあるのです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/02/27
▼構成=編集部

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈8〉
〈8〉
人も会社もダメにする馴れ合いの構造 驚くべき新聞記事を目にしました... 2018.09.19更新
エリア特集
〈17〉
再開発とリニア中央新幹線で大注目! 品川駅周辺エリア 江戸時代に東海道で最初の宿場町が置かれたのが品川です。 2018.09.12更新
若手のための
“自己キャリア”〈4〉
〈4〉
交渉力 「ネゴシエーター」という言葉を記憶されているでしょうか。 2018.09.03更新
大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ