Female Viewpoint シンガポールNOW #10

共働きの女性が元気なシンガポール

2015年2月に発表された「女性の社会進出度調査」(*MASTERCARD調べ)では、アジア太平洋の16の国と地域中、ニュージーランド、オーストラリア、フィリピンに次いでシンガポールは4位と高い水準でした。共働きが一般的で、女性の社会進出が進んでいるといわれるシンガポールが統計で実証されたことになります。
そんなシンガポール女性の社会進出を支える要因のひとつに、外国人メイドの存在があります。シンガポールは、1978年から労働力不足の対策として外国人メイド政策を進めてきました。働く女性の代わりに、家事や育児、介護をメイドが担うことで、女性の社会進出を促すことが目的です。シンガポール政府の調べ*によると、今日、国内で働く外国人メイドは21万人以上にのぼり、5世帯に1世帯が雇用している計算になるそうです。
*MASTERCARD調べ : http://www.masterintelligence.com/content/intelligence/en/research/reports/2015/mastercard-index-of-womens-advancement.html
*シンガポール政府調べ : http://www.singstat.gov.sg/statistics/browse-by-theme/population-and-population-structure
家庭と仕事、両立して頑張れる。
そんな女性たちを支えてくれるのがメイド。

シンガポールで働くメイドの多くは、インドネシア、フィリピン、ミャンマーといった近隣国の女性たちです。基本的には、雇用主の家に住み込みで働きます。給料は出身国や個人のスキルによって違うのですが、月に400から600シンガポールドル(約36,000から54,000円/1シンガポールドル=90.06円で換算)。その他に、雇用税、食費などの生活費、医療費などが雇用主の負担になります。
メイド雇用の経験のある、友人のシンガポーリアン女性に話を聞いてみました。彼女の家庭は、共働きの夫婦と2人の子どもの4人家族。つい最近まで、インドネシア出身のメイドが住み込みで働いていて、家事と育児のサポートをお願いしていたそうです。メイドを雇用した理由について「家庭に子どもがいて、仕事も頑張りたい女性には、やはり誰かの助けが必要。親が近くにいない場合、シンガポールではメイドを雇うのが一般的です。子どもの世話に加えて、家事もお願いできて助かるんです」と彼女は話します。
言葉や文化、宗教の違いから
トラブルになることも・・・

けれど、良いことばかりではないようです。雇用主は文化も習慣も違う外国人メイドと同居するわけですから、言語の違いでコミュニケーションが難しいこともあります。さらに宗教やマナー、生活基準も異なれば、日常の些細なことからトラブルになるケースもあり、外国人メイドをめぐるトラブルはシンガポールの社会問題にもなっています。「同じ人間同士なのだから、歩み寄りながら信頼関係を築くことが重要だと思います。メイドの中には、子どもを国に残して働きに来ている母親、一家の稼ぎ手として来星している若い女性もいます。そうした背景を雇用主が知ることも必要ですね」。メイド雇用で大きな問題もなかった彼女の言葉には説得力がありました。結局、互いに理解し合うことが大切なのかもしれません。
次回はシンガポーリアン女性が求める理想の男性像についてお伝えします。
早川すみれ Hayakawa Sumire
2006年よりライター活動を始める。芸能界からビジネス界までインタビュー記事を中心に、WEBや雑誌などさまざまな媒体のコンテンツ企画・執筆を担当。2014年4月よりシンガポール在住。現在は日本のWEBメディアのほかに、「シンガポール経済新聞」でニュース執筆などをてがけている。
http://singapore.keizai.biz
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2015/05/18
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼シンガポール在住ライター・早川すみれ=文 ▼早川すみれ=撮影

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈8〉
〈8〉
人も会社もダメにする馴れ合いの構造 驚くべき新聞記事を目にしました... 2018.09.19更新
エリア特集
〈17〉
再開発とリニア中央新幹線で大注目! 品川駅周辺エリア 江戸時代に東海道で最初の宿場町が置かれたのが品川です。 2018.09.12更新
若手のための
“自己キャリア”〈4〉
〈4〉
交渉力 「ネゴシエーター」という言葉を記憶されているでしょうか。 2018.09.03更新
大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ