Female Viewpoint シンガポールNOW #4

シンガポールで働きたいのに就労ビザが取れない!なぜ?

東南アジアを代表する新興国として経済発展を遂げるシンガポール。安全で暮らしやすいこともあり「シンガポールで働きたい」という日本人が増えていると聞きます。
しかし、近年、外国人労働者の数を削減し、シンガポーリアンの就業機会を増やすことを目的に、外国人の就労ビザ取得要件の厳格化が進んでいます。そのため、就職先が見つかっても就労ビザが取得できずに泣く泣く帰国する方も少なくありません。
シンガポールで就業する際にほとんどの方が「エンプロイメント・パス(EP)」と呼ばれる就労ビザを申請します。就労ビザの取得要件には、国籍、年齢、月収、職歴のほか、四年制大学を卒業しており、かつ、シンガポール政府が認知している大学を卒業していることが申請の要件とされています。会社の規模や政府との関係性といった側面からも判断されると言われています。
日本人のみを対象とした
現地採用ができなくなる

EPには月収額や役職、専門資格によっていくつかカテゴリがありますが、一般社員レベルのQ1と呼ばれるカテゴリの給与条件は最低3,300ドル(約26万円)と決められています。しかし、実際は4,000-4,500ドル程度(約32万円)で申請しないと許可がおりないと言われています。
さらに、今年8月からは新ルールが適用され、シンガポーリアンにも公平に求人情報を公開するため、政府が指定する求人サイトに最低14日間求人情報を掲載することが義務付けられます(ただし、従業員25人以下の企業や月給1万2,000ドル以上の求人は対象外)。つまり、企業が現地採用などで最初から日本人のみを対象とした採用活動をすることができなくなるのです。

現在はビザの申請だけでなく、更新も厳格になっていると言われており、すでにEPを保有していて駐在している方でも更新できずに帰国を余儀なくされるケースも見られます。
外国人で就労可能なビザとして、他には「Sパス」と呼ばれるビザもあります。高等専門学校レベルの学歴と技術資格者や実務経験があり、月給が2,200ドル以上であれば申請可能とされていますが、その企業の総従業員数の2割程までしか発行できないという基準が設けられているため、どの企業も申請できるわけではありません。
次回も引き続き「シンガポールのビザ取得事情」についてお話しします。
大井あゆみ Ayumi Ooi
1980年大分県大分市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、教育関連企業に就職・転職を経て、ライター活動を開始。2012年3月からシンガポール在住。オンラインニュースサイト「シンガポール経済新聞」編集長を務めるほか、ライターとしてのさまざまなウェブメディアでの執筆・編集をてがける。
http://singapore.keizai.biz
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/07/23
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼シンガポール経済新聞編集長・大井あゆみ=文 ▼大井あゆみ=撮影

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ