Female Viewpoint シンガポールNOW #13

シンガポールは日本食ブーム なかには珍しい寿司ネタまで!

外食文化が根付いているシンガポール。近年は日本食レストランも増えていて、吉野家、和民、大戸屋、牛角などの大手チェーン店のほかにも、トンカツ、ラーメン、寿司屋、居酒屋など本当にたくさんの日本食レストランを見つけることができます。
シンガポーリアンに人気なのは、海鮮丼やラーメン、天ぷらなど。予約が数カ月待ちのレストランもあり、人気店のお店の前にはいつも2,30人の行列ができています。
お安く食べたいなら
フードコートか大衆屋台食堂へ。

日本人オーナーの日本食レストランはおいしいのですが、値段は安くありません。ランチセットでも大体20シンガポールドル(約1,700円※1シンガポールドル=85.947円で換算)ほど。それでも、ランチタイムには多くのビジネスマンたちで賑わいます。
もっと安く日本食を食べるには、ショッピングモール内のフードコートや、ホーカーズと呼ばれる大衆屋台食堂で「Japanese」という看板を掲げたお店を見つけることができます。ここなら「SABA set(焼鯖定食)」や「TERIYAKI set(照り焼きチキン定食)」が8ドルから10ドルほど(約690円?860円)。
ただし、味はそれほど期待できないのが正直なところです......。そのため、日本食レストランには日本人のビジネスマンの方をよく見かけますが、フードコートやホーカーズの日本食店で日本人のお客さんを見かけることはほとんどありません。
見て、食べてびっくり!
の変わり寿司ネタも。

シンガポールには回転寿司レストランもたくさんあり、週末には家族連れで賑わいます。また、地元スーパーマーケットの大手チェーン店ではにぎり寿司や巻き寿司などの詰め合わせパックが売られていたりと、こうした様子から寿司も好まれていることが伺えます。筆者もシンガポーリアンの友人を自宅に招くときは、手巻き寿司やちらし寿司などを用意しますが、これが予想以上に喜ばれます。
そんなシンガポールですが、日本では見たことない!という寿司ネタもあります。例えば「CHUKA WAKAME」という昆布のようなワカメのような海藻の軍艦巻。とても味気ないです。
そして辛いものが好きな国民性のためか「スパイシーツナ」といった辛い系のネタもよくあります。そしてなんといっても驚いたのが、某ショッピングモールで見つけたフルーツ寿司!日本人からすると、この発想はありませんよね(笑)シンガポールに出張やご旅行の際は、珍しい寿司を食べてみるのも一興かもしれません。
次回はシンガポールのお正月についてお伝えします。

早川すみれ Hayakawa Sumire
2006年よりライター活動を始める。芸能界からビジネス界までインタビュー記事を中心に、WEBや雑誌などさまざまな媒体のコンテンツ企画・執筆を担当。2014年4月よりシンガポール在住。現在は日本のWEBメディアのほかに、「シンガポール経済新聞」でニュース執筆などをてがけている。
http://singapore.keizai.biz
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2015/11/18
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼シンガポール在住ライター・早川すみれ=文 ▼早川すみれ=撮影

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ