東京発・全国ふるさと物産店ガイド #11

栃木県 東京発・全国ふるさと物産店ガイド

日本最大の平野「関東平野」の北部に位置する栃木県と言えば、日光や那須と言った観光スポットの他、鬼怒川温泉、湯西川温泉など癒やしの湯処というイメージがまず浮かびます。さらに足尾銅山、大谷石、鹿沼土、益子焼、とちおとめ、餃子、と即答される方もいるのではないでしょうか。くわえて宇都宮はカクテルの町、レモン牛乳、生乳生産量、乳用牛の飼養頭数は全国でもトップクラスの畜産県だということを知っている方は、もはや栃木通です。

そんな栃木通がイチオシするショップがありました。栃木県の"美味しいモノ・コト・情報"をセレクトした、とちまるショップ(東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F)です。

多くのアンテナショップが東京の銀座や日本橋周辺に出店しているなか、とちまるショップは、あの東京のランドマーク、東京スカイツリー(東京都墨田区押上)のお膝元、商業施設ソラマチ内にあります。それだけに、ほとんどのお客様は観光客だそうです。特に、お土産を探している海外からのツーリストは、とちまるショップに並ぶ和装グッズやSAKE、器に惹かれて入店されるといいます。ここで栃木県のアンテナショップの存在を知る方も多いようです。

入店するきっかけがお土産探しだったとしても、ラインナップは全て自信を持ってオススメできる確かな品々です。例えば、持った感じがしっくりと手に馴染む皿や酒器は「益子焼き」。ほどよい甘さで飲みやすい牛乳は昭和の味がする「栃木のレモン牛乳」。誰もが美味しいと認める和菓子はリピート率が高い「足利の古印最中」。このように厳選された良品の先に結果として「栃木県産」がさりげなく主張しているというストーリーが、ショップの特長になっています。

1000点以上の栃木の県産品が並ぶとちまるショップで、隠れたヒット商品を紹介していただきました。宇都宮カクテルです。宇都宮カクテルは国内屈指の実力派バーテンダーが宇都宮に集まっていることが商品化の由来だそうです。栃木産の農産物にこだわった各種カクテルはカラフルな色合いで棚を賑わしていました。

ワインや日本酒も豊富に揃っています。特に日本酒のコーナーは、地酒マニア垂涎のブランドが手ぐすね引いています。ワインは足利産が有名です。「日本酒とご一緒に、益子焼のお猪口ととっくりはいかがですか」とオススメ上手な店長に一番人気の商品をお聞きしました。「やはり宇都宮餃子です」。常時15銘柄近くの餃子がストックしてあるということで、様々な餃子店の餃子をまとめ買いされる強者がいらっしゃるとか。

とちまるショップでは、毎夏恒例の定番品として注目される美味があります。日光産の天然氷かき氷です。使用する氷は、冬の天然の寒さを利用した古来からの製氷方法で凍らせたもので、キューンと頭が痛くなることが少ないと言われてます。食感はふわっとしてヒンヤリ。盛夏時には涼を求めて店外に行列ができるほどだそうです。今年(2016年)は8月17日までテイクアウト販売の予定。稀な天然のかき氷は、並んでもいただきたい栃木県の旬な逸品です。

美味しい栃木情報
ろまんちっく村クラフトビール(1本520円から/ギフトBOX6本入り(送料込み)3700円から)
二条大麦(ビール麦)全国一位の収穫量を誇る"宇都宮産麦芽"を100%使用した、コクとキレを感じる飲み応え満点の「麦太郎」をはじめとするクラフトビール。宇都宮餃子に合うように造られた「餃子浪漫」も人気ビールです。餃子と一緒にお土産にいかがですか。
トラピストガレット(4袋入り378円)
懐かしくて、素朴で、上品な味わい、それがトラピストガレット。 那須高原にある那須トラピスト修道院で、真心込めて一つ一つ手作りされています。形はベルギーワッフルに似ていますがワッフルより固く、クッキーのようなサクサクとした食感です。
月替わり牧場ソフトクリーム(那須りんどう湖ソフトクリーム410円)
栃木県内の牧場で搾りたての新鮮な牛乳からできたソフトクリームを、那須りんどう湖や南ヶ丘牧場など月替わりで販売。濃厚かつクリーミーな美味しさは他では味わえないと好評。2016年7月は「那須りんどう湖」のソフトクリームをお召し上がりいただけます。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/06/30 ■記事取材日: 2016/06/15 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影 ▼写真・資料提供=とちまるショップ

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ