東京発・全国ふるさと物産店ガイド #12

岩手県 東京発・全国ふるさと物産店ガイド

日本全国で海のない都道府県を探すのは簡単です。では海と山があり、かつ海側と山側で気候や風土、風習が異なりながらも寄り添っている県は少ないと思います。充実した魚貝や旬の海藻があるかと思えば、まるで山の県のように満々たる酪農、畜産、新鮮野菜が揃う、いわば「濃い海の幸」と「濃い山の幸」が同居しいてる県がありました。岩手県です。

西部地方には厳しい山々が連なる奥羽山脈、県東部には北上高地という高原が広がり、海岸はリアス式の三陸海岸。これらが産み出す自然の恵みを堪能できるショップが、いわて銀河プラザ(東京都中央区銀座5丁目15-1南海東京ビル1F)です。

いわて銀河プラザ(以下、銀プラ)のお客様は、東銀座(東京都中央区銀座)というロケーションのためか、銀座観光の帰り道に、またショップのご近所ともなる歌舞伎座で観劇を終えたあとに寄られる方が、比較的多くいらっしゃるとのことです。ランチタイムは、新橋や京橋にお勤めの方がお弁当やお総菜を求めて足を運ばれて来るようです。

コンビニで昼ご飯を済ませるのではなく、国内産・岩手県産の安心の食材を買いにウォーキングがてら来られるという選択は、健康を意識されている働き盛りの方の来店理由のようです。

閉店前になると少々お客様の層が変わるようです。銀プラは東銀座・晴海通りという大通り沿いに構えています。その通りの先にある築地、勝どき、月島にお住まいの主婦の方や独身族が、今夜の夕食にと店を訪れます。

岩手県は良質なサバが収穫されることで有名です。久慈産サバに県産ホタテと昆布を使用した「さばの和風マリネ」は絶品です。味付けされた「ぶり大根」はさっと袋ごと湯煎するだけ。その他にも、日持ちのいい干物、三陸産サンマ南蛮漬けなど、湯煎や自然解凍で食べられる食が多いのが人気の秘密のようです。

いわて短角和牛はご存じですか。自然交配で生産され、子は母乳を飲み、生育期間は広大な草原で親子と共に過ごすという牛です。脂肪分が少なく旨み成分がたっぷりの短角和牛は、イタリアンやフレンチのシェフたちに高い評価を受けていると聞きます。そのリブロース、ロースステーキが手ぐすね引いています。最大のオススメはと聞くと「黒毛和牛と岩手の白金豚を材料とした白格・ハンバーグ」。手軽にさっと焼いて塩でいただきましたが、ハンバーグは外食しなくても良いとの結論にいたるほど、美味しかったです。

「三陸海宝漬」はどうでしょう。あわび、いくら、めかぶなど、リアス式の三陸海岸産の幸を詰め込んであります。ご飯の上にのせて丼にするのもよし、日本酒の肴にするもよし。絶品です。海の幸と言えばわかめ、昆布です。「リアス式海岸はその複雑な地形から海中の波が荒く、その波動に揉まれているから肉厚なんです」。コリコリ感がたまらずにリピートされるお客様が多いようです。

店内を見渡すと、なかなかパッケージがお洒落だなと思うような商品が見受けられます。「サヴァ」缶。鯖と「サヴァ=元気?」のフランス語の意味をかけた商品名は復興への願いが込められています。素敵なキッチンやテーブルにおいても違和感のないデザインはニューヨークのアーティストが制作したのかとさえ思いました。パッケージデザインにもこだわる岩手の美味しさ、ぜひ銀河プラザで堪能してください。

注目インフォメーション
切り落しショルダーベーコン
店内で一番の売れ筋をお聞きしました。切り落としショルダーベーコンです。事実、取材中、随時倉庫から運んでこないと陳列がすぐに品薄になってしまいます。ワンパック、ツーパック、まとめ買いで求めらられる方が多いようです。
銀河高原ビール・ヴァイツェン缶
標高1440mの岩手県和賀岳に眠る伏流水を100%使用したまろやかな喉越し。これからの秋のシーズンに、食卓を賑わす美味しいビール。品切れの時もあるので、お店に在庫の確認の電話をくださいとのことです。
ぴょんぴょん舎盛岡冷麺
盛岡と言えば冷麺。中でも保存添加物を使用せず、麺は高級馬鈴薯澱粉と小麦粉を使用したという逸品。自然で濃くのあるストレートタイプがご自宅でも味わえるとあって人気だそうです。
チャレンジコーナー
県内では名が知れていても、まだまだ関東圏では流通されていない美味しいモノなどを陳列。将来の売れ筋を予想して・・・チャレンジ精神いっぱいのコーナーです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/10/03 ■記事取材日: 2016/08/24 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影 ▼写真・資料提供=いわて銀河プラザ

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ