東京発・全国ふるさと物産店ガイド #10

兵庫県 東京発・全国ふるさと物産店ガイド

兵庫県は、よくよく地図で眺めてみると、実はとても多様性に富んだ県であることに気がつきます。宝塚に甲子園、世界遺産の白鷺城こと姫路城や神戸ルミナリエとバラエティ豊かに都市が点在しています。瀬戸内海と日本海に挟まれていて、寒暖の差はあるし、海の幸と山の幸、島の幸、平野の幸と農作物も多彩に揃います。明石焼や神戸ビーフ、松葉カニなど美味しいものも事欠きません。

東と西、北と南では文化が違うと言っても過言ではない多面性、多様性を持つ兵庫県。その魅力をいっぱいに詰め込んだアンテナショップが東京有楽町にありました。兵庫わくわく館(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビルB1F)です。

大人が一歩ショップに入って見ると、手を伸ばせばどの商品にも触れることができるほどの狭い空間なのに、なぜか飽きないほど商品がぎゅーと陳列されています。それもそのはず。「7坪の商店街」をコンセプトにしているということで、棚の一区画一区画が小さなお店、いわゆるレンタルショーケースのようなイメージです。

その言葉通りに棚を見ていく様はまるで商店街に迷い込んだようで、宝探しのようなワクワク感がしてきます。まさに「兵庫わくわく館」というわけです。「兵庫県内のメーカーが東京進出の足がかりになるようにココを活用してもらいたい」との兵庫県観光大使でもある店長の説明通り、県内では名の知れた老舗はもとより、創立して間もない若い企業の意欲的な特産品などが一同に揃います。

まずは春の兵庫と言えば、播磨灘や大阪湾で解禁となるイカナゴのくぎ煮。佃煮の一種で、ご飯が何杯でもススム逸品だとか。毎年この時期になると、瀬戸内の町中がいかなごを煮る匂いでいっぱいになるそうです。人気の商品は全国有数の生産量を誇る「淡路島産」たまねぎを使用したオニオンスープです。売上げ上位を争うのは、マイヤーレモンの果汁を使ったレモンの塩ぽん酢。数量限定ということもあって、来客された方は皆さん次々とお買い物かごに入れてました。

兵庫わくわく館は東京山手線「有楽町駅」前にあるということもあり、ウィークデーのランチタイムやアフターファイブはサラリーマンやオフィスレディで賑わいます。ご常連さんも多いとのこと。店頭に並べられている商品、特産品一つひとつに、手作りのポップで食べ方や使い方、セールスポイントが丁寧に描かれています。店長の細やかさもご常連さんを引きつける魅力なのかもしれません。

一見さんにも気軽にお声をかけ「神戸ポートタワーのペットボトルはきれいなので、飲み終わった後はインテリアにもいいですよ」。そんな小話が聞けたりもします。珍しい逸品に、ワインのワンカップがありました。神戸ワインの美味しさが手軽に味わえます。明石ぺったん焼きは、真ダコを分厚い鉄板でプレスしたカリカリの大判せんべいです。兵庫の明石でいただく味そのままを、東京の兵庫わくわく館でもいただけます。

おすすめワクワク商品
▲神戸ワイン・ミニグラス/本格的神戸ワインを手軽に。フタを開けたらそのまま飲めるワインが、オフィス街の東京・有楽町でも人気。デザインがおしゃれなので、美味しいワインを飲んだ後でもグラスとしてご利用いただけます。
▲明石ぺったん焼き/兵庫と言えば明石の真ダコ。真ダコを使ったお菓子と言えば、ぺったん焼き。その製法はいたってシンプル。特性タレで味付けした生地の上にタコをセット。それを鉄板で圧力をかけ、じっくり薄く焼くそうです。パリパリとした食感に、お口の中は香ばしさが広がります。
▲淡路産タマネギ/タマネギの甘みはご存じですか。淡路産ならではのタマネギは日本一おいしいと大評判。オニオンスープにしても良し、オリーブオイルを入れたフライパンで炒めても良し、サラダにしても美味しいタマネギ。兵庫わくわく館のおすすめ逸品です。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/02/29
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影 ▼写真・資料提供=兵庫わくわく館

過去の記事

領国経営
影の実力者たち〈5〉
〈5〉
柔軟性と人心掌握術で"左遷先"の経営課題を解決 蒲生氏郷 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.04.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈10〉
〈10〉
中小企業のブランディング 旧知の中堅メーカー社長からこんな相談を受けました... 2019.04.10更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈1〉
公認モチベーション・マネジャー資格 資格は身を助ける。この言葉が頻繁に使われるようになったのは1980年代... 2019.03.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ