若手ビジネスマンのための「自己キャリア」

ビジネスライター吉村高廣 若手ビジネスマンのための「自己キャリア」 #10 俯瞰力

想像力を働かせ、相手の思いに応える

室町時代の能楽者・世阿弥は、『離見の見(りけんのけん)』という言葉を残しています。これは、「上手く能を舞おうと思うなら、舞台と離れた場所から自分自身の舞いを客観的に眺められることが大事」というもの。つまり、優れた能舞台であるためには、自分の演技だけで精いっぱいになるのではなく、舞台全体を冷静に見渡して、演舞全体としてのベストパフォーマンスを発揮しなければならない。そう世阿弥は言っているのです。
こうした世阿弥の考え方を、ビジネスに置き換えるなら「俯瞰(ふかん)する力を持つ」ということになるでしょう。そしてこの"俯瞰力"が向上すれば、若手の皆さんの成長も自ずと加速していくはずです。

そこでまず肝心なのは"自分自身の立ち位置の見極め"です。仕事ができる人というのは、業務全体を俯瞰的に見渡すことができるため、優先順をつけて仕事をこなします。したがって、ひとりでこなせる仕事量も多くなり、業務の推進スピードを加速させます。
その一方で、目の前にある仕事の精度を上げることだけに注力する人がいます。こうした人は、自分の仕事以外は視野に入りません。もちろん、仕事のノウハウを覚える新人や、職人技が求められるような仕事ならば構いませんが、多くの場合ビジネスは、個人の力量が問われる"部分最適"よりも、プロジェクト全体を推進させる"全体最適"が求められます。つまり、チームの中での立ち位置を知り、自分がどう動けばプロジェクトは前進するか。ここを俯瞰的に考えられることが、ビジネスシーンで活躍し、評価される条件になります。

他者とのかかわりにおいても"俯瞰力"は大事なポイントとなります。たとえば、仕事で失敗した時の言い訳です。時と場合によりけりで、誰にだって言い訳をしたくなることはあります。ただそれが、他人への責任転嫁になっていたり、見え透いた嘘の積み重ねである場合、そこでその人の評価には1つ×がついてしまいます。また逆に、ミスを叱る方も、無暗やたらと大声を張り上げて怒鳴りつける人がいますが、こうした人についても、周囲は"残念な人"と見るでしょう。
つまり、他者に対して、思いつきやその場の感情で接してしまう人たちは、「自分のことしか考えられない人=俯瞰力が欠けている人」ということになってしまうのです。皆さんはぜひ"俯瞰力"を鍛えて、高評価を獲得できるビジネスパーソンへと成長してください。


Point

俯瞰力を身につけるために必要なのは、何か事に臨むときは、常に"想像力"を働かせる習慣をつけることです。たとえば、書類作成を上司から依頼された場合は、「あの人の性格なら」と考えて、納期や体裁、さらには完成度までを推測するのです。こうした訓練は、対クライアント、対同僚、対家族と、さまざまなシーンで実施できます。肝心なことは、「こうすればいいだろう」という自分本位の思い込みではなく、あくまでも、相手が自分に「どう動いて欲しいか」を想像して、それを実行に移すことです。そうした訓練の積み重ねが、対個人の関係だけでなく、幅広く全体を見渡すことのできる"俯瞰力"につながります。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

この原稿を書きながら頭をよぎったのが、将棋の羽生善治さんの言葉です。羽生さんは、三手先まで読んで駒を打つ場合は、相手棋士の立場に立って考えなくては正しい判断ができないとおっしゃいます。ところが、数十手、数百手先まで読む場合は、目の前の基盤を、鳥瞰・俯瞰して駒を進めるといいます。世紀の天才から"俯瞰"という言葉が出てくるのは、私のような凡人には考えが及ばぬ次元のこと。少なくとも、次の一手くらいは正しく読めるよう、物事を"俯瞰"してビジネスに次の一手を打ちたいと思います。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/07/25
▼構成=編集部 ▼文=編集部ライター・吉村高廣

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話〈13〉
〈13〉
Could you make it 15,000 dollars? 価格交渉のシチュエーション ビジネスには価格交渉が必須です。営業職なら「ここが生命線」という... 2019.09.13更新
働く男の健康ライフ
〈12〉
御社は大丈夫? 管理職のメンタル不調 ストレス社会と言われる現在、メンタルの不調を訴える... 2019.09.11更新
エリア特集
〈21〉
魅力は職住近接!劇的な変貌を遂げる 千葉駅周辺エリア 千葉市は千葉県のほぼ中央部にあたり、東京都心部まで約40kmの... 2019.08.28更新
若手のための
“自己キャリア”〈8〉
〈8〉
集中力 事務所近くのコーヒーショップで、資料を広げて... 2019.08.08更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈3〉
夏のうなぎ 子どものころ、うなぎの骨がのどに刺さって往生したことがあります... 2019.08.01更新
リーダーズ・アイ
〈7〉
株式会社タイタン 代表取締役 太田光代の視点 結成30周年を迎えた漫才コンビ爆笑問題をはじめ... 2019.07.30更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈11〉
〈11〉
スタッフが育たない組織の風土とは マーケティングスタッフという仕事柄... 2019.07.22更新
オフィス探訪
〈2〉
会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージ 会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージのオフィスを探訪 2019.07.17更新
領国経営
影の実力者たち〈6〉
〈6〉
今に続く武田のイメージを作り上げた広報マン 高坂昌信  武田信玄と上杉謙信が激突し、12年にも及んだ"川中島の戦い"... 2019.07.10更新
偉人たちの言葉
〈3〉
西郷隆盛の度量 一部の歴史研究家の中には、... 2019.07.01更新
企業見聞
〈20〉
白樺湖に、世界に通用するリゾートをつくる。 長野県屈指の高原リゾート・白樺湖。おそらく... 2019.06.20更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈2〉
メンタルヘルス・マネジメント検定 心の不調や病気に悩む人が増えています。2014年の法改正で... 2019.06.10更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ