若手ビジネスマンのための「自己キャリア」

ビジネスライター吉村高廣 若手ビジネスマンのための「自己キャリア」 #07 実行力

目標を持って「やらされ感」を捨てる

私が子どもの頃、「あなたー、お風呂掃除してくれたぁ?」と奥さんから言われて、ご主人役の西田敏行さんが、「今やろうと思ったのに、言うんだものなあ?、もう!」と、悔しげに捨て台詞をはくお風呂用洗剤のテレビコマーシャルがありました。そのコマーシャルを見るたび、「ホント、そうなんだよな!」と子ども心に激しく共感したことを鮮明に覚えています。それまで、お風呂掃除を頼まれたことなど一度もなかった子どもの私が、なぜ強く共感したのか。それは、学校の宿題や部屋の掃除など、言われたことを後まわしにしがちだった私に、「あれはやったの?」「これはどうなってるの? 」と追求してくる母親を鬱陶しく思っていたからです。つまり「今やろうと思ってたのに、言うんだものなあ?」のひと言は、私の心の声であり、西田敏行さんは私の気持ちの代弁者だったのです。

あれこれ理由をつけて先延ばしにしない方がいい。それは分かっているのに、なかなか実行に移せない。こうした実行力を阻害しているものは「やらされ感」に他なりません。お風呂掃除にしろ宿題にしろ、あるいは上司から頼まれた書類づくりにしても、心のどこかで「やらされている」という思いがある限り、実行力は発揮されません。「やらされ感」を持ってしまうと気持ちの優先順位が低くなり、モチベーションが下がります。その一方、実行力がある人は「やらされている」という義務意識で行動していないため、仕事がスムーズに進んでいきます。ではなぜ、こうした意識の違いが生まれるのか。それは目標の有無に拠るところが大きいようです。自分はいま、こういう目標を持っている。そうした人は、その目標を達成する過程において発生した小さな障害は即座に取り除き前進しようと考えます。つまり、目先の業務だけを見るのではなく、大局的に仕事を捉えて判断するか否か。その違いです。

最近、実行力はビジネススキルの一貫であり、その力を獲得するためには、それ相応の訓練が必要である、とした書籍が30万部を超えるベストセラーになっています。そんなにも多くの人が「今すぐ実行できない症候群」で悩んでいるのかと思うと、少し不思議な気持ちにもなりますが、何をするにしてもスピードが求められるこの情報化社会にあっては、いま出来ることをわざわざ後まわしにするのはいかにも非効率的。確かに、実行力は必要不可欠な力と考えて良いでしょう。ただし個人的には、実行力というのは、訓練を積んで段階的に学んだり、そのためにわざわざ時間をつくるようなものではないと思っています。むしろ肝心なことは、先にも記した通り、どれだけ強い目標を持てるかで、その目標達成のためには、途中で降りかかる火の粉は、即座に払って前進できるような「意識改革」の方が大事です。


Point

「やらされ感」から「主体性」へのスイッチの切り替えは、そう簡単ではありません。勉強嫌いの子どもに、いくら「勉強しなさい」と言っても馬の耳に念仏であるように「やらされ感」を持って取り組む仕事も同じです。ただ、少し先に達成したい目標があれば、今目の前にある仕事を早く済ませて、そちらに注力したいと考えるのは普通の発想です。もし、仕事に対して明確な目標が持ちにくいのであれば、趣味でも構いません。何にしても、いま自分が、目の前の仕事を速やかに終わらせなければならない理由づけが、実行力を発揮させる原動力になるのです。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

やるべきことを後まわしにすることの最大のリスクは、それ自体を忘れてしまうことです。とくに、一時にたくさんの小さな仕事を目の前に並べたてられると、とりあえず、ここからここまでは先に済ませて、ここから先は後にしよう、となりがちです。状況によっては仕方がありません。ただ、後まわしにしたものが多いと、何か1つ、スッポリと抜け落ちてしまうことがあります。こうした事態を回避するためにも、仕事は全てto doリストで管理して、段取りよく仕事をすることをお勧めします。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/10/19
▼構成=編集部 ▼文=編集部ライター・吉村高廣

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ