若手ビジネスマンのための「自己キャリア」

ビジネスライター吉村高廣 若手ビジネスマンのための「自己キャリア」 #05 共感力

相手との共通点を見つけて会話に弾みをつける共感力

失恋して激しく落ち込んでいる友人から、別れに至る経緯を涙ながらに打ち明けられたとします。そんな時あなたは何と言って相手を落ち着かせようとするでしょう?
多くの場合「オマエの気持ちは分かるよ。オレも昔さ...」といった当たり障りのないニュアンスの言葉ではないでしょうか。一方、不慮の事故で恋人を亡くした人に対して「気持ちは分かるよ」と言えるでしょうか?
言えないはずです。なぜなら、多くの人は同じ体験をしたことがないからです。
人は誰でも自分が体験したことに対しては「共感」することができます。長い人生では失恋の1つや2つ経験したことがあるでしょう。だからこそ「オレなり」の視点で言葉を返すことができるのです。では、自分が体験したことのないことに直面した時、人はただ黙りこむしか術はないのでしょうか?そんなことはありません。生死に関わる大事ではないにしろ、ビジネスは常に未知との遭遇の連続なのですから。

私は仕事柄、会社経営者から医師や研究者、芸能人やスポーツ選手に至るまで、さまざまなジャンルの方々にインタビューをする機会を得ます。当然ながら、ほとんどの場合私が体験したことのないジャンル(業界)の方々ばかりです。しかしそうした方々の話は、改めてわが身を振り返らせ、時に心を奮い立たせ、大いに「共感」できるものが多く、会話も弾みます。 自分が一度も体験したことがない仕事をしている相手の話に、なぜ「共感」できるのか。それは難しい技術のディテールや専門用語ばかりを理解しようとするのではなく、話の途中で垣間見せるその人自身の本質のようなものにフォーカスするからです。偉業を達成した自信満々の科学者でも、研究の過程では苦悩や喜びがあります。時にそれは、天才ゆえの孤独だったり、仕事とはまるで関係のない家庭的な一面であったりします。そこを見逃さず自分と置き換えて考える訓練をすれば「共感力」は鍛えられてゆきます。

インタビュアーと皆さんの仕事ではいささか事情が違いますが、見知らぬ相手を理解して早い段階でより良いコミュニケーションを築きたいという思いは同じでしょう。そのためには「共感力」を上げることが第一。それが私の持論です。 当然のことながら、見知らぬ人と会う時は、相手(会社や技術)のことをとことん調べた上で対話に臨むことが肝心です。しかし、どれだけ周到に準備していても全く予期していなかった方向に話が進むこともあります。むしろそうしたケースの方が多いくらいです。そうした時にこそ相手の懐に入り込み、話を自分のペースに引き戻すのが「共感力」です。ビジネスの基本はコミュニケーションであることは間違いありません。そのためにはまず、相手の人間性を察知してそれに寄り添う術を身に付けることが大事です。


Point

「共感力を上げよう」というのは「イエス・マンであれ」ということとは違います。「イエス・マン」というのは共感できないことや、どう考えても理不尽なことであっても無条件に首を縦に振ってしまう人のこと。一方「共感力」というのは、相手と自分の間に小さな接点を見つけだそうとする技術です。拡大解釈するなら「対話力」と言い換えても良いと思います。もちろんビジネスですので、あまりにもプライベートな話題に終始するのは問題ですが、相手が気持ち良く話せるお膳立てをしてあげることは、聞き手が心すべきマナーであり、ビジネスを上手く運ぶポイントにもなるはずです。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

インタビューをしていて「取りつく島がない」という人がいます。何を聞いても二言、三言で終わってしまう。こうした相手に対しては「共感力」は通用しません。そんなとき持ちだす質問は「差別化」です。「この技術って他社のものと同じじゃないですか? 何か違いがありますか?」と自尊心を刺激するのです。すると途端に話し出し、そこが突破口となって「共感」できる部分が見つかるケースも少なくありません。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/04/21
▼構成=編集部 ▼文=編集部ライター・吉村高廣

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新
領国経営
影の実力者たち〈4〉
〈4〉
情報収集で家の繁栄をもたらした 朝倉宗滴 自社の優位性を見極めることや、市場環境・他社製品の動向 2018.11.16更新
ビジネスBOOK
〈4〉
日本人に遺したい国語 101歳最後の授業 何事にもスピードが求められる... 2018.11.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈10〉
〈10〉
I'll get back to you. 即答できないとき 仕事の場で日常的に行われるミーティング... 2018.11.02更新
リーダーズ・アイ
〈5〉
アルピニスト・野口 健の視点 情熱だけでは人の心は動かせない... 2018.10.23更新
偉人たちの言葉
〈4〉
焦りを感じたとき うまく使えば、時間はいつでも十分ある。 2018.10.12更新
働く男の健康ライフ
〈9〉
視覚機能が向上すると、メンタルも強くなる! ビジネスパーソンにとってメンタルの強さは大きな武器です... 2018.10.10更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ