若手のための“自己キャリア”

#7 プレゼン力

お手本は、池上彰さんの語りの技術

プレゼンテーションの名手といえば、まず思い浮かぶのがAppleの創業者、故・スティーブ・ジョブズ氏。2007年のiPhone発表時のプレゼンはもはや伝説になっています。グローバル展開する企業では、新製品や新サービスのお披露目にあたって、この時のプレゼンをお手本にするCEOが少なくありません。
しかし、ジョブズのような"劇場型プレゼンテーション"は、あまりにもパッショナブルで、私たちが日頃行う営業プレゼンには参考になりません。そこで、ビジネスパーソンにぜひともお手本にしていただきたいのが、池上彰さんの"語りの技術"です。
今回は私の主観と解釈で、その代表例を2つご紹介します。

Ex.1「さあ...」という話のつなぎ方
池上さんはよく、本題に入る直前に「さあ」という言葉をはさみ、話の流れを一段ギアアップします。例えば「近ごろは水道の水が格段に美味しくなった。さあ、そこで飲料メーカーも考えたわけです」といった感じです。これを日頃の営業プレゼンに応用するなら「イニシャルコストは他社と変わりません。さあ、肝心なのはここです。ランニングコストに注目してください...」という使い方ができます。どちらの例文も「さあ」を抜いても意味は通じますが、差別化のポイントを切り出す場合は、直前に「さあ」と言って一呼吸おき、相手に話を聞く心構えを促しておいてから、一気に本題を畳みかけてゆく話法です。

Ex.2「...ですよね」という話の締め方
これぞ"池上話法の真骨頂"と言えるのが、話の最後に「ね」をつけた締めくくり方です。比較するものがあって、一方をやんわりと勧めたい場合などはこれが大変有効です。例えば「Aはお値段が張りますが作りはしっかりしています。逆に、Bはお安めですがやはり作りはそれなりです。さあ、いかがでしょう。長く使うことを考えれば、やはりAになりますよね」といった感じです。相手の思いが揺らいでいる時は強気に押さず、「あなたの気持ちは分かっていますよ」と寄り添う態度を示せば、押しつけにならず、安心感と説得力が生まれます。それを池上さんは、最後に「ね」をつけて締めくくる話法で実現しています。

POINT

池上彰さんの語り口に"やさしさ"を感じる方は少なくないと思います。実はここが池上さんの語りの上手さです。実際の池上さんは「歯に衣着せぬ」という言葉がピッタリくるほど、厳しいところを鋭く突っ込むジャーナリストです。それでいて嫌味が感じられず、万人に受け入れられるキャラクターを保っているのは卓越した話術を持っているからに他なりません。つまり、やわらかな言葉遣いで"やさしさ"を醸し出し、視点の鋭さをカモフラージュしていると考えられます。同様に、目論見があってプレゼンをするのでも、印象の良し悪しで説得力が変わります。こうした部分は池上さんの語りが大いに参考になります。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

プレゼンテーションは論理的に行うことが大事だと言われます。それに異論はありませんが、倫理的であることを勘違いして、話を手短に済ませようとする方が少なくありません。結果、各論だけの羅列になって、どこが大事なポイントなのかが全くわからない話になってしまう。これではせっかくのプレゼン機会が台無しです。プレゼンに大事なのはストーリーです。そのストーリーを上手に展開するために必要なのが"語りの技術"です。今回は池上さんの語り口の特長から、多くの場面で応用できる2つの例を"話法"としてご紹介しました。この2つを使いこなせるようになれば、プレゼンに説得力が生まれるはずです。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/05/20
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼画像素材=PIXTA

過去の記事

Officeオブジェクション
〈3〉
オフィスにも"サブスク"の波 バブル景気の華やぎがまだかろうじて残っていた1990年代前半... 2020.07.02更新
若手のための
“自己キャリア”〈11〉
〈11〉
三行メールの功罪 ビジネス関連のWEBサイトを眺めていると... 2020.06.26更新
企業見聞
〈23〉
ショッピングセンターの草分けとして、 明るい未来を展望する。 昭和26年、戦後の銀座の復興と交通渋滞の緩和を目的に... 2020.06.22更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
コロナブルーからココロの健康を保つ 新型コロナがもたらした閉鎖的な環境(自粛生活)の中で... 2020.06.16更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈6〉
家庭用ビアサーバー 4月の上旬、世界中でSTAY HOME!... 2020.06.08更新
領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新
Officeオブジェクション
〈2〉
職場のソーシャルディスタンス 「ソーシャルディスタンス」という言葉をよく耳にするようになりました... 2020.04.21更新
若手のための
“自己キャリア”〈10〉
〈10〉
人脈づくりは金脈づくり 反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界... 2020.04.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ