若手のための“自己キャリア”

#6 ルーティン効果

自己暗示をかけて迷いの隙間を埋める

ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ。大躍進した日本代表チームの
中心にいたのが五郎丸歩選手でした。彼の人気を後押ししたのがゴールキックの前に拝むように手を合わせる姿。緊張する場面で集中力を高めようとする五郎丸選手が見せたルーティンです。その一瞬が勝利を左右するかも知れないアスリートには独自のルーティンを持つ選手が大勢います。体操の内村航平選手は跳馬の前に両手を前に差し出すポーズをとります。また、現役時代の浅田真央さんは必ず左足からリンクに入っていました。

一方、ビジネスにおいて「ルーティン」という言葉は「決まった仕事を惰性でやる」と解釈され、ポジティブな意味で使われませんでした。その価値観が一変したのがAppleのCEOティム・クック氏やスターバックスのCEOハワード・シュルツ氏などが
実践している『早起きのビジネスルーティン』です。クック氏は毎朝3時45分起床、シュルツ氏は4時30分に起床して、その日一日の行動を頭の中で予行演習するそうです。両者の早起き習慣は、忙し過ぎる毎日の中で物事を冷静に考えられる時間の確保が目的で、判断ミスが許されないリーダーが生活習慣を見直すことで手に入れたルーティンと言えるでしょう。

有効なルーティンを得るためには、自分が取り組む事柄を行動科学の見地から見つめ直すことが大事だそうです。ポイントをかいつまんで説明すると、納得できるパフォーマンス(仕事)ができた時に自分はどんな事前行動をしていたかを思い返してみる。それと同時に、上手く力が発揮できなかった時の行動を比較して、そこにどんな差異があったかを明らかにする。その上で自分のパフォーマンスに良い影響を及ぼした事前行動を毎日の習慣にする。これがセルフコントロールに有効なルーティン獲得のセオリーです。

POINT

ルーティンは不変的なものではありません。事実、五郎丸選手は今、あれだけ話題になったあの儀式(ルーティン)を行っていません。当時はボールを蹴るまでに30秒以上かけていましたが今はその約半分。キャリアを積んだ彼は、短時間かつシンプルに集中力を高めてゾーンに入ることができるようになったからです。つまり、その時々における自分の実力や立場、精神状態などに合わせてベストパフォーマンスを発揮できるルーティンを実践し、そこから先は、それに固執することなくルーティンも変化させて新しいステージでの活躍に繋げてゆく。これがルーティン効果を長期的に活かしてゆく秘訣です。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

ルーティンは"自己暗示"に過ぎません。「ここから始めれば必ず上手くいく」と、自分自身に行動をもって言い聞かせるのがその役割だと私は考えています。もちろんそこには裏付けや確証はありません。しかし、自己暗示の力というのは思いの他大きいことを私は体験的に知っています。そこを私なりに分析すると、ルーティンには"迷いの隙間を埋める"効果があるように思います。良い結果が出なければ迷いの隙間が生まれます。そこで何も手を施さなければその隙間は大きくなります。そんな時に成功体験に基づいたルーティンを持っていれば、その隙間を埋め、自分を信じることが出来る。これが自己暗示の力です。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/02/04
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼画像素材=PIXTA

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ