ビジネス休符 音楽談議 #5

カウンターカルチャーの逆襲

music photo01
1969年ウッドストック・フェスティバルをきっかけに、
カウンターカルチャーとしてのロックは
音楽産業のひとつとして大衆化発展していきます。
これまで若者の身近な生活問題や社会への不満、
自己批判を代弁するツールであったロックミュージックが
音楽的発展を横目に、ロックからどんどん遠ざかってしまいました。

しかし若者の熱いエネルギーはいつの時代も変わりません。
大衆化していく音楽にフラストレーションが溜まり、
やがてうっぷんをはらすかのように、ニューヨークの片隅の
小さなライブハウスから「カウンターカルチャーの逆襲」のごとく
ある刺激的なロックムーブメントが登場します。パンクロックです。

彼らの楽曲は、単純なコード(パワーコード)を、
3つのコード進行で循環させたシンプルなロックンロールに
反権力的な歌詞をのせて、激しく歪ませることで、
若者目線での不満や絶望を身近に感じさせる
まさに生きた音楽を生み出していました。
このムーブメントが英国に紹介されると
当時失業に苦しむ英国の若者に熱狂的に指示されます。

「ムーブメントは作るものではなく作られるもの。」
そう話すマーケッターがいますが、
まさにロックは音楽メーカーが仕掛けるのものではなく、
若者のエネルギーから湧き出てくるものなのかもしれません。
・・・・・・・つづく。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/11/23
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼音楽談義家・クリハラ☆シロー=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ