ビジネス休符 音楽談議・日本ポップス #4

無意識の素晴らしさJ-POP

music photo01
音楽がデジタル化し、インターネットなどを通じて
世界中に楽曲が配信されることで、
それまで世界的にはあまり知られていなかった、
むしろガラパゴスと揶揄までされていたJ-POPは、
特に若い世代に広く認知されるようになります。

すでに世界進出していた日本のマンガ、アニメ、ゲームから
派生した「コスプレ」「アニソン」または、
アイドルのダンスを真似て自撮りしネットで投稿する
「踊ってみた」など日本のポップカルチャーに興味を持つ
世界の若者たちにとって、
J-POP、すなわち日本語でのロックやポップスを歌う
日本のシンガーやグループは、
ごく自然に受け止められたのではないでしょうか。

さらに、ジャンル化、商業化された欧米のポップスに
少々なりとも飽き飽きしていた者達にとっては、
この日本人の感性や文化の上で解釈された、
ある意味なんでもありのアナーキーなJ-POPが、
何とも刺激的だったはずです。さらに
プロデュース面から見ると、このムーブメントが、
計算された、意図的に戦略的に計画されたものではない
ということです。これは以前取り上げた坂本九の「スキヤキ」の
全米ヒットとも共通している面白いところです。
世界に売る事を初めから意図せず、日本国内での需要を目的にした
欧米風ポピュラーミュージックであるJ-POPが、
グローバル化されたネットメディアに載ったことで、
ごく自然と世界中で注目されるようになった。
いや、むしろ世界を意識せず作られたものだからこそ
今注目されているようにさえ思えるのです。
・・・・・・・つづく。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/10/29
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼音楽談義家・クリハラ☆シロー=文 ▼写真撮影=渡部恒雄

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ