働く男の健康ライフ 働く男の健康ライフ

働く男の健康ライフ

見た目に変わりはないけれど、肥満気味の友人が脂肪肝だと診断されたことを聞きまして。


友人と同じような体型だった西河さん。食欲もありますしお酒を飲むわけでもないのですが、とても気になって健康診断を受けてみました。
Q.

いまのところ、いたって健康ですよ。
ただ診断結果では肝機能に問題がある
と言われましたがピンと来ないんです...

A.

そこが肝臓の怖いところです。健康診断の数値を踏まえて改めて検査をした結果、西河さんは脂肪肝の初期と考えられます。あまりお酒は飲まないということですが、脂肪肝の原因はお酒だけではありません。現在はメタボリック症候群による脂肪肝が増えていて西河さんはまさしくそのタイプ。今は初期ですが、長い間放置しておくと非アルコール性脂肪性肝炎を発症して、それが進行すれば自覚症状がないまま肝硬変を発症します。まずは食事を節制して体重を落とすことが肝心です。

Q.

ある程度の年齢になれば脂肪はつくもの。
そう言って、友人は好きなものを
好きなだけ飲み食いしていますが...

A.

そうした方が危険なんです。目立った症状が現れないので医師のアドバイスを守れず、今まで通りの食生活を続けてしまう。その結果、気づいた時には肝硬変が悪化していてすでに肝臓がんになっていたという方も少なくありません。確かにその方がおっしゃる通り、40代、50代の男性なら多くの方が肥満を実感していて、健康診断を受ければ脂肪肝を疑われるケースが少なくありません。ただそれを「加齢に伴う自然な成り行き」などと甘く考えて痩せる努力を怠っていると、10年後には深刻な病と向き合うことになるのです。年齢がゆけばゆくほど肥満は大敵、そう考えて間違いありません。

Q.

脂肪肝が肝臓がんのきっかけになる...
知りませんでした。脂肪肝を改善するには
どんな治療方法や薬があるんでしょう?

A.

実はそこも問題なんです。脂肪肝にはいろいろな薬が試されています。とはいえどれもが研究段階でして、今のところ「少し効いた」という報告しかありません。したがって現時点では「脂肪肝にはこれが効く」という薬がありません。結論から申し上げるなら、脂肪肝の人は痩せて体重を落とすことが最善の改善方法ということができるでしょう。だからこそ食事の節制が必要なのです。西河さんの状態はまだまだ深刻なものではありません。これまでの食生活を見直して「食事の量を減らすこと」をまず心がけてください。そこから先はご自身の病気に対する意識の問題になります。頑張って痩せてください。

脂肪肝についてお話しくださったドクターは、東京医科大学八王子医療センター消化器内科科長の今井康晴先生です。
今井先生からのワンポイント・アドバイス
40代、50代になって、「最近ちょっと太ってきたな」という自覚がある。あるいは、健康診断などで行われるBMI(肥満指数)の検査数値が25を超えている方はすべて、脂肪肝の危険信号と考えて良いでしょう。自己管理で痩せられない場合は、管理栄養士のいる病院で相談することをお勧めします。食生活の改善に向けて具体的なアドバイスが得られるはずです。またメタボリック症候群の指数として、男性はウエスト85センチといわれますが、ウエストサイズに注目するより、体重を減らすことを重視して食生活の改善に取り組むことが肝心です。
「何を食べたらいいでしょう?」そんな質問を受けることがよくありますが、何を食べても結構です。大事なのは食べ過ぎないことです。代謝は落ちても食欲は落ちません。だからと言って、若い頃と同じように食べていれば消費されるエネルギーが少ないので太ってしまいます。もちろん運動も大事ですが、とりあえず、毎回の食事の量を1割減らしてみる。まずはここから始めてください。
・東京医科大学八王子医療センター ・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/
・東京医科大学八王子医療センター 消化器内科・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/division/d08.html

・監修:東京医科大学八王子医療センター 脳神経外科・・・
http://www.hachioji.tokyo-med.neurosurg.jp/

*記事内のご相談者はコンテンツ表現上でご出演いただいております。ご相談者の実際の病気、症例とは異なります。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2015/06/09
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼編集部・吉村高廣=撮影 ▼伊東ぢゅん子=相談者イラスト

過去の記事

若手のための
“自己キャリア”〈8〉
〈8〉
集中力 事務所近くのコーヒーショップで、資料を広げて... 2019.08.08更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈3〉
夏のうなぎ 子どものころ、うなぎの骨がのどに刺さって往生したことがあります... 2019.08.01更新
リーダーズ・アイ
〈7〉
株式会社タイタン 代表取締役 太田光代の視点 結成30周年を迎えた漫才コンビ爆笑問題をはじめ... 2019.07.30更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈11〉
〈11〉
スタッフが育たない組織の風土とは マーケティングスタッフという仕事柄... 2019.07.22更新
オフィス探訪
〈2〉
会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージ 会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージのオフィスを探訪 2019.07.17更新
領国経営
影の実力者たち〈6〉
〈6〉
今に続く武田のイメージを作り上げた広報マン 高坂昌信  武田信玄と上杉謙信が激突し、12年にも及んだ"川中島の戦い"... 2019.07.10更新
偉人たちの言葉
〈3〉
西郷隆盛の度量 一部の歴史研究家の中には、... 2019.07.01更新
企業見聞
〈20〉
白樺湖に、世界に通用するリゾートをつくる。 長野県屈指の高原リゾート・白樺湖。おそらく... 2019.06.20更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈2〉
メンタルヘルス・マネジメント検定 心の不調や病気に悩む人が増えています。2014年の法改正で... 2019.06.10更新
エリア特集
〈20〉
消費の街からビジネスエリアに 進化と変貌を続ける副都心・新宿 新宿駅は、都心部を循環するJR山手線や「エリア特集#15」で紹介した... 2019.06.03更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈2〉
サッポロ 極ZERO 休肝日?バカなことを言ってるんじゃないよ。しかもこれからビールがうまい季節だよ... 2019.05.27更新
オフィス探訪
〈1〉
まさに"Star Wars"の世界観! 株式会社Legaseed 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.05.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ