働く男の健康ライフ 働く男の健康ライフ

働く男の健康ライフ

ご相談者:熊谷由伸さん(仮名)/56歳/ITコンサルティング会社経営
今回お話しくださったドクター:東京医科大学八王子医療センター 眼科・科長 教授 志村雅彦先生です。


眼鏡をかけはじめた熊谷さん。それでも見えにくさが改善されないといいます。

50歳を過ぎても眼鏡の必要性を感じていなかった熊谷さん。ところがここのところ「どうも小さな文字が見えにくい」ということで、いよいよ老眼鏡のお世話に。にも関わらず、見えにくさは一向に改善されません。しかたなく眼科に足を運び検査を終えたところ、先生の顔がどうもあまり冴えません...。
Q.

やっぱり眼鏡が合っていないんでしょうか?
いまひとつピントが合わないんです。
目の使いすぎだと思うんですが。少し頭痛もするんです。

A.

まず頭痛については「目の使いすぎ」ということはありません。そもそも「目の使いすぎ」という表現自体に誤りがあります。実のところ、使いすぎているのは目から入ってきた情報を分析したり理解しようとする頭であって、疲れているのは頭です。したがって眼科医としては、日ごろから仕事がお忙しい熊谷さんの今の頭痛については「少しお休みください」としか言いようがありません。むしろ問題なのは、眼鏡をかけてもピントが合わないという方です。

Q.

眼鏡の問題じゃないんですか?
これまで眼鏡をかけてこなかったので、
ピントが合いにくいのかと思っていました。

A.

眼鏡のせいではありません。熊谷さんは糖尿病網膜症という病気の初期症状が見られます。一般的に糖尿病は50代で発症される方が多く、目の障害はその合併症の1つです。目というのは網膜で光を受けているわけですが、網膜の細胞を養うためには血管が健全でなくてはなりません。ところが糖尿病を発症すると、人によっては目の細い血管が詰まったり破けるなどして障害が現れます。熊谷さんの見えにくさの原因は、まさしくその初期症状によるものです。

Q.

糖尿病ですか?でも普通は血液検査などをしますよね。
目の検査だけじゃなくて、きちんと血液検査をしたほうがよい、
ということでしょうか?

A.

おっしゃる通り、血液検査などで糖尿病やその他の成人病は発覚するケースが多いのは事実です。しかしながら、目というのは体の中で唯一血管の状態を視認できる部分なのです。事実、熊谷さんの網膜を撮影したところ小さな出血が確認できました。これは明らかに糖尿病網膜症に一致する症状です。ただ、幸いにして早めに確認ができたので失明という最悪のケースには至りません。糖尿病に対するケアをしっかり行い、眼科的な治療を行うことで日常生活の大きな影響を及ぼすことはありません。

糖尿病は血糖が災いする病気です。自分は高血糖など関係ないと思っていた方が、急に目が見えにくくなって検査したところ、目に出血が認められ糖尿病を発見されるケースが非常に多くなっています。特に、40代、50代の働き盛りの方にそうした傾向が多く見受けられます。そこで困るのは、片方の目が見えにくくなり「老眼だろう」と放っておいたところ、もう片方の目も見えにくくなってようやく眼科にやってきた時は、最初に見えにくくなった方の目はもう治しようがないというケースです。後天的な失明要因で2番目に多いのが糖尿病によるものでもあり、見えにくさを単に老眼のせいにするのは非常に危険です。
志村先生からのワンポイント・アドバイス
眼鏡をかけても見えにくさが改善されない場合は、必ず眼科で検査を受けることをお勧めします。目から見えてくる病は糖尿病ばかりでなく、緑内障や加齢黄斑変性症、動脈硬化など、手遅れになると働き盛りの方にとって致命傷ともなり得るさまざまなものがあります。
・東京医科大学八王子医療センター ・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/
・東京医科大学八王子医療センター 眼科・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/division/d21.html

・監修:東京医科大学八王子医療センター 脳神経外科・・・
http://www.hachioji.tokyo-med.neurosurg.jp/

*記事内のご相談者はコンテンツ表現上でご出演いただいております。ご相談者の実際の病気、症例とは異なります。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/11/10
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新
領国経営
影の実力者たち〈4〉
〈4〉
情報収集で家の繁栄をもたらした 朝倉宗滴 自社の優位性を見極めることや、市場環境・他社製品の動向 2018.11.16更新
ビジネスBOOK
〈4〉
日本人に遺したい国語 101歳最後の授業 何事にもスピードが求められる... 2018.11.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈10〉
〈10〉
I'll get back to you. 即答できないとき 仕事の場で日常的に行われるミーティング... 2018.11.02更新
リーダーズ・アイ
〈5〉
アルピニスト・野口 健の視点 情熱だけでは人の心は動かせない... 2018.10.23更新
偉人たちの言葉
〈4〉
焦りを感じたとき うまく使えば、時間はいつでも十分ある。 2018.10.12更新
働く男の健康ライフ
〈9〉
視覚機能が向上すると、メンタルも強くなる! ビジネスパーソンにとってメンタルの強さは大きな武器です... 2018.10.10更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ