働く男の健康ライフ 働く男の健康ライフ

働く男の健康ライフ

ご相談者:斎藤隆夫さん(仮名)/55歳/広告制作会社勤務
今回お話しくださったドクター:ナガタ歯科医院(東京都渋谷区) 院長 長田博史先生です。


虫歯が一本もない斎藤さん。最近夕方になると歯茎が腫れて痛いといいます。

「これまで一度も歯医者さんの世話になったことがない」それが自慢だった斎藤さん。ところがここのところ、夕方になると歯茎が腫れて痛いといいます。残業が多い仕事だけに「これじゃあ仕事にならない」と、仕方なく歯医者さんを訪ねました。すると先生は、歯と歯茎を撮影した写真を指さしながら「ほら、歯茎が退縮してますよね。これは歯周病の初期症状なんです」と告げたのです...。
Q.

よく歯周病予防は歯磨きが大切だといいますよね。
歯磨きだけは毎日しっかりしていたつもりなんです。
今のところ虫歯もありませんし。
なのになぜ歯周病になるんでしょう?

A.

歯周病は徐々に進行していく慢性疾患なので、なかなか自覚症状がでにくいんです。したがって斎藤さんの場合も、実は以前から歯周病になる因子があって少しずつ進行してきたということがいえます。もちろん歯磨きをこまめにするのは歯周病予防にはとても良い習慣です。でも大事なことは、ただ磨くのではなく正しく磨くことです。つまり歯周病の予兆が見られるということは、正しい歯磨きができておらず汚れを落とせていなかったということです。そうした方は案外多いのです。

Q.

日中は何ともないんですけど、
夕方になって疲れてくると
歯茎が腫れて痛みだすのはどういうことなんでしょう?

A.

加齢に伴う免疫力の低下が一因と考えられます。歯周病は歯の汚れを温床とした細菌によって組織が破壊されることで発症します。若いうちはリカバーする力の方が高いので症状は現れにくいのですが、斎藤さんは50歳を過ぎたころからなんとなく歯茎が気になり始めたとおっしゃいました。写真を見る限りでは、もう少し前から歯周病は進行していたように思えますが、それまでは免疫力が働いて、一日の疲れが出始める夕方も細菌の働きを抑え込めていたのでしょう。ところが50歳を過ぎた頃から免疫力が衰えてきて、疲労と共に症状が現れるようになったと思われます。

Q.

このままでは仕事に悪影響を及ぼしますし
早く治したいというのが率直なところです。
歯周病を直す特効薬のようなものはありませんか?

A.

ここ数年前から歯周病によく効く抗生物質があって、それを飲むことで症状が劇的に改善されたという症例も出ています。ただそれは根本的な治療になるわけではなく、薬の効きめが切れてくれば復活します。またこうした薬に頼り始めると、歯磨きなどの日常的なケアを疎かにしがちなって、結果、薬が切れた時の進行を早めてしまうということにもなりかねません。したがって、歯科医としてはあまり推奨できるものではありません。

今の状態はまだ初期症状ですので、まずは歯石を落とすことと正しく歯磨きをすることに尽きます。お口の中を見る限り、斎藤さんの場合は歯の裏側、とくに奥歯の裏がまったく磨けていませんでした。歯周病になる方は多くの場合がここに問題があります。歯というのはご自分が思っている以上に奥の方まで続いていて、歯ブラシが届いていない場合が多いのです。歯石の除去は歯医者さんに任せるとして、日常的なケアは奥歯の裏側までくまなく歯ブラシを当てて汚れを落とすことが大事です。そうすれば徐々に改善されるはずです。
長田先生からのワンポイント・アドバイス
歯周病のケアや予防は正しく歯磨きをすることも大事ですが、その前に、自分の歯や歯茎の状態を知ることが大切です。鏡で自分の口の中をくまなく観察してみて、歯の汚れがどの程度あるのか、歯垢らしきものが見当たらないかといったことをチェックした上で正しく歯磨きをすること、それが基本になります。
歯周病に限らず、どのよう病気であっても、まずは自分の状態を知ることが肝心です。ですので、口の中に不具合を感じたら歯医者さんに駆け込む前に、まずは鏡で口の中を観察して、しっかり歯の汚れをとるように歯磨きを続けてみてください。それで改善されるケースも少なくありません。
・ナガタ歯科医院/東京都渋谷区2-11-1ナガタビル2F・・・
http://www.nagata-dental.jp

*記事内のご相談者はコンテンツ表現上でご出演いただいております。ご相談者の実際の病気、症例とは異なります。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/08/20
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ