フォトギャラリー 日本の季・七十二候 #5

年末から新年にかけての大きなイベントと言えば、クリスマス、大晦日、お正月ですね。日本では、クリスマスもお祝いをしますが、やはりメインはお正月ではないでしょうか。

その昔、新年初日には、一年間、お世話になった人にお会いして挨拶をしてまわるというのが一般的でした。しかし実際に会うとなると先様の都合もあるでしょうし、また遠方の方ですと、そう簡単には出向くことはできません。そこで、お会いできない人には書面でご挨拶を、というのが年賀状の始まりだそうです。

英語圏ではクリスマスカードのほうが良く知られていますが、クリスマスから新年までは一週間ほどしかないこともあって、カードには「メリー・クリスマス&ア・ハッピー・ニューイヤー!」と新年を祝う言葉も添えてしまいます。余談になりますが、この「ア」というのが実は曲者です。「ア」がつくと「よいお年を迎えてください」という意味で、クリスマスカードには適した表現なのですが、年越しの後に届く年賀状では「ア」を入れないのが正解。ハッピーニューイヤー!となります。

新年のご挨拶まわりが少なくなり、年賀状でのご挨拶も、昨今のデジタルな時代には減ってきていると聞きます。人と人との繋がりが希薄になってきたからでしょうか。まだ十二月の初めです。これからでも一枚でも多くの年賀状を書いて、新年のご挨拶を差し上げて、良い2015年をスタートさせたいものです。

-----------▽-----------
■撮影者:お寿司大好きさん
■撮影日:2014/11/26
■カメラ:NIKON D610
■レンズ:Carl Zeiss Distagon 2/28
■SP:1/20秒
■絞り:F/5.6
■感度:ISO-6400
■露出補正:-0.7
■WB:AUTO
■撮影地:千葉県浦安市
------------------------

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/11/28
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼お寿司大好きさん=撮影

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ