主婦の目チェック《エビのしっぽ》 #10

「スポーツ観戦」

毒楼(DOKUROU)COLUMN WRITER

最近、全国レベルのスポーツ大会が「競技会」「体育祭」というイメージから、「フェスティバル」や「イベント」になっているのでは、という声をよく聞きます。どういうことでしょうか。競技をする、体育をする人が主体の大会が、主催者や企画会社、広告代理店が主体になるスポーツ大会が増えたと言うことだそうです。

市民マラソンやテニス大会、フットサル交流会など各自治体や交流仲間から生まれる競技会は、手弁当をもって応援しながら、選手達の日頃の成果を競い合うという、どこかホノボノとしたイメージがありました。

ところが、どの業界でも同じなのかもしれませんが、これはお金になる、という損益分岐点が見えたとき、体育のお祭は企画運営主体のフェスティバルになるのかもしれません。

イベントプランナーが企画し、コーディネーターが集客をし、テレビやラジオなどが試合を生中継する。そこに映し出される選手達の感動秘話、美しいアスリートの姿に釘付けになる。居間でチェアに座りながら世界中のプレイヤー達に会える時代になっています。

でも何かが違う。なんだろう。それはライブ感ではないでしょうか。実際にスポーツ大会の会場に行ってみると。会場全体のウネリのような一体感を味わえることができます。思いのほか不思議な興奮に包まれます。相撲などは砂被りで観ているだけで迫力が違います。いわゆる野球のネット裏で、小学生達のプレーを観ているだけでも楽しくて仕方がありません。つまりスポーツ観戦は生、ライブが一番だということではないでしょうか。

みんな大事・どれも大切 主婦の目チェック エビのしっぽ

《プロフィール》

イラスト:主婦イラストレーター伊東ぢゅん子:千葉県浦安市在住。大人向け子供向けと、幅広く絵を書いてウン十年。トイプードルとネコ2匹を溺愛している主婦であり、趣味はへたくそなゴルフ。一升瓶の焼酎を横において、毎晩晩酌するただの親父化した呑み助。 伊東ぢゅん子WEBサイト

テキスト:毎日の暮らしに小さな幸せ発見コラムニスト・毒楼(どくろう):1958年生まれ。大手広告代理店コピーライターを経てフリーランサー。幸せは道端に落ちている、がモットーのライター。美味しいお酒と音楽があれば生きていけると豪語。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/10/03 ■記事取材日: 2016/10/02 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼コラムニスト毒桜(どくろう)=文 ▼伊東ぢゅん子=4コマ漫画

過去の記事

ビジネスパーソンに必要な資格
〈2〉
メンタルヘルス・マネジメント検定 .course { margin-top: 48px; bor... 2019.06.10更新
エリア特集
〈20〉
消費の街からビジネスエリアに 進化と変貌を続ける副都心・新宿 新宿駅は、都心部を循環するJR山手線や「エリア特集#15」で紹介した... 2019.06.03更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈2〉
サッポロ 極ZERO 休肝日?バカなことを言ってるんじゃないよ。しかもこれからビールがうまい季節だよ... 2019.05.27更新
オフィス探訪
〈1〉
株式会社Legaseed 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.05.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈7〉
〈7〉
プレゼン力 お手本は、池上彰さんの語りの技術... 2019.05.20更新
リアル・ビジネス
英会話〈12〉
〈12〉
Do you have a moment?  多忙な相手に話しかける 話したいことがあって、忙しそうな相手に... 2019.05.13更新
働く男の健康ライフ
〈11〉
デスクワーカー必見!肩こり解消の裏ワザ 一日の大半をパソコンと向き合うデスクワーカーにとって... 2019.04.23更新
領国経営
影の実力者たち〈5〉
〈5〉
柔軟性と人心掌握術で"左遷先"の経営課題を解決 蒲生氏郷 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.04.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈10〉
〈10〉
中小企業のブランディング 旧知の中堅メーカー社長からこんな相談を受けました... 2019.04.10更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈1〉
公認モチベーション・マネジャー資格 資格は身を助ける。この言葉が頻繁に使われるようになったのは1980年代... 2019.03.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ