主婦の目チェック《エビのしっぽ》 #9

「溢れるカタカナ」

毒楼(DOKUROU)COLUMN WRITER

いわゆる業界人同士の会話ではわかる単語でも、門外漢の人が聞くとまるで宇宙語ということがあります。そうでなくても普通に「競合社」をコンペチータ、「基本的な」をファンダメンタル、「実現可能な調査」をフィージビリティ・スタディと会話の節々にはさまれてしまうと、何が何だか分からなくなってしまいます。

これは聞き手のスキルの問題なのでしょうか。確かに知的には見えるかもしれません。しかし、なんだか背伸びをしているのではと勘ぐりたくなります。

本当に実力のある人は、思いのほか誰にでも分かる言葉で表現するそうです。「このコンテンツをサマリにして、ファーストプロジェクトのプロトタイプがほしい」とは言いません。「この内容をまとめて、最初の仕事のひな形をつくってほしい」。それでいいのではないでしょうか。

中には医学用語を引用して「エビデンスがたりない」。音楽用語で「そろそろフェイドアウト」。「リスケ」はスケジュール組み直しだと分かりましたが、「オンスケ」はわかりませんでした。オンスケは予定通り進行しているという意味だそうです。

広告印刷業で、マンションの分譲開始前に実施するアンケート付きの広告があります。それを「アンチラ」と言いますが初めて聞いたときはちょっとドキドキしました。カタカナブームは食にもあるようです。「スムージー」。どうも野菜ジュース、シェイク、ラッシー、青汁と違いが分かりません。今度、勉強しておきます。

みんな大事・どれも大切 主婦の目チェック エビのしっぽ

《プロフィール》

イラスト:主婦イラストレーター伊東ぢゅん子:千葉県浦安市在住。大人向け子供向けと、幅広く絵を書いてウン十年。トイプードルとネコ2匹を溺愛している主婦であり、趣味はへたくそなゴルフ。一升瓶の焼酎を横において、毎晩晩酌するただの親父化した呑み助。 伊東ぢゅん子WEBサイト

テキスト:毎日の暮らしに小さな幸せ発見コラムニスト・毒楼(どくろう):1958年生まれ。大手広告代理店コピーライターを経てフリーランサー。幸せは道端に落ちている、がモットーのライター。美味しいお酒と音楽があれば生きていけると豪語。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/08/13 ■記事取材日: 2016/08/21 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼コラムニスト毒桜(どくろう)=文 ▼伊東ぢゅん子=4コマ漫画

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈8〉
〈8〉
人も会社もダメにする馴れ合いの構造 驚くべき新聞記事を目にしました... 2018.09.19更新
エリア特集
〈17〉
再開発とリニア中央新幹線で大注目! 品川駅周辺エリア 江戸時代に東海道で最初の宿場町が置かれたのが品川です。 2018.09.12更新
若手のための
“自己キャリア”〈4〉
〈4〉
交渉力 「ネゴシエーター」という言葉を記憶されているでしょうか。 2018.09.03更新
大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ