主婦の目チェック《エビのしっぽ》 #9

「溢れるカタカナ」

毒楼(DOKUROU)COLUMN WRITER

いわゆる業界人同士の会話ではわかる単語でも、門外漢の人が聞くとまるで宇宙語ということがあります。そうでなくても普通に「競合社」をコンペチータ、「基本的な」をファンダメンタル、「実現可能な調査」をフィージビリティ・スタディと会話の節々にはさまれてしまうと、何が何だか分からなくなってしまいます。

これは聞き手のスキルの問題なのでしょうか。確かに知的には見えるかもしれません。しかし、なんだか背伸びをしているのではと勘ぐりたくなります。

本当に実力のある人は、思いのほか誰にでも分かる言葉で表現するそうです。「このコンテンツをサマリにして、ファーストプロジェクトのプロトタイプがほしい」とは言いません。「この内容をまとめて、最初の仕事のひな形をつくってほしい」。それでいいのではないでしょうか。

中には医学用語を引用して「エビデンスがたりない」。音楽用語で「そろそろフェイドアウト」。「リスケ」はスケジュール組み直しだと分かりましたが、「オンスケ」はわかりませんでした。オンスケは予定通り進行しているという意味だそうです。

広告印刷業で、マンションの分譲開始前に実施するアンケート付きの広告があります。それを「アンチラ」と言いますが初めて聞いたときはちょっとドキドキしました。カタカナブームは食にもあるようです。「スムージー」。どうも野菜ジュース、シェイク、ラッシー、青汁と違いが分かりません。今度、勉強しておきます。

みんな大事・どれも大切 主婦の目チェック エビのしっぽ

《プロフィール》

イラスト:主婦イラストレーター伊東ぢゅん子:千葉県浦安市在住。大人向け子供向けと、幅広く絵を書いてウン十年。トイプードルとネコ2匹を溺愛している主婦であり、趣味はへたくそなゴルフ。一升瓶の焼酎を横において、毎晩晩酌するただの親父化した呑み助。 伊東ぢゅん子WEBサイト

テキスト:毎日の暮らしに小さな幸せ発見コラムニスト・毒楼(どくろう):1958年生まれ。大手広告代理店コピーライターを経てフリーランサー。幸せは道端に落ちている、がモットーのライター。美味しいお酒と音楽があれば生きていけると豪語。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/08/13 ■記事取材日: 2016/08/21 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼コラムニスト毒桜(どくろう)=文 ▼伊東ぢゅん子=4コマ漫画

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ