リアル・ビジネス英会話 #6

What does it stand for? それは何の略ですか

英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が出てきた時ばかりではありません。
日本語でも、「スズメの涙」、「目がおよぐ」など、簡単な言葉が並んでいても、本来の意味がわからなければ使えないように、英会話初心者を困らせるのがイディオム(慣用句)です。今回は、私が職場でよく耳にするイディオムを例文で紹介したいと思います。

《例文①》
A:Do you know if the new project got a green light?
(新しいプロジェクトってゴーサインが出たかどうか知ってる?)

B: It's still up in the air. We are waiting.
(まだ検討中なんです。 待っているところです)
" a green light"は第三回でも登場した「ゴーサイン」、 " up in the air"は「未定、不確か」、という意味を持つイディオムです。日本語の「宙に浮いた状態」と近い意味がありますね。


《例文②》
A: I have waited your answer for 3 weeks!
(3週間もあなたからの回答を待っているんですよ!)

B:I will reply to you when I find out. Please sit tight.
(分かりましたら返答しますから。それまで、辛抱強く待っていてくれる?)
" Sit tight"は、直訳ではしっかり座るとなりますが、この場合、「我慢して待つ」という意味になります。同僚や部下をなだめたりする時によく使います。


《例文③》
A: What does NAFTA stand for? (NAFTAは何の略ですか)

B: NAFTA stands for North America Free Trading Agreement.
(NAFTAは North America Free Trading Agreement - 北米自由貿易協定の 頭文字をとったものです)
"stand for"は、「(略など)を表す」のほかにも、「〜を支持する」「〜を我慢する」「〜に立候補する」などの意味もあります。

ほかの英語圏と比べると、なにかとカジュアル好きなアメリカは、ビジネスシーンでもむずかしい単語より、イディオムを使う傾向があるようです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/12/01
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼文=古賀るう(ニューヨーク・ニュージャージーでワーキングウーマン23年) ▼写真=古賀るう

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈8〉
〈8〉
人も会社もダメにする馴れ合いの構造 驚くべき新聞記事を目にしました... 2018.09.19更新
エリア特集
〈17〉
再開発とリニア中央新幹線で大注目! 品川駅周辺エリア 江戸時代に東海道で最初の宿場町が置かれたのが品川です。 2018.09.12更新
若手のための
“自己キャリア”〈4〉
〈4〉
交渉力 「ネゴシエーター」という言葉を記憶されているでしょうか。 2018.09.03更新
大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ