リアル・ビジネス英会話 #6

What does it stand for? それは何の略ですか

英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が出てきた時ばかりではありません。
日本語でも、「スズメの涙」、「目がおよぐ」など、簡単な言葉が並んでいても、本来の意味がわからなければ使えないように、英会話初心者を困らせるのがイディオム(慣用句)です。今回は、私が職場でよく耳にするイディオムを例文で紹介したいと思います。

《例文①》
A:Do you know if the new project got a green light?
(新しいプロジェクトってゴーサインが出たかどうか知ってる?)

B: It's still up in the air. We are waiting.
(まだ検討中なんです。 待っているところです)
" a green light"は第三回でも登場した「ゴーサイン」、 " up in the air"は「未定、不確か」、という意味を持つイディオムです。日本語の「宙に浮いた状態」と近い意味がありますね。


《例文②》
A: I have waited your answer for 3 weeks!
(3週間もあなたからの回答を待っているんですよ!)

B:I will reply to you when I find out. Please sit tight.
(分かりましたら返答しますから。それまで、辛抱強く待っていてくれる?)
" Sit tight"は、直訳ではしっかり座るとなりますが、この場合、「我慢して待つ」という意味になります。同僚や部下をなだめたりする時によく使います。


《例文③》
A: What does NAFTA stand for? (NAFTAは何の略ですか)

B: NAFTA stands for North America Free Trading Agreement.
(NAFTAは North America Free Trading Agreement - 北米自由貿易協定の 頭文字をとったものです)
"stand for"は、「(略など)を表す」のほかにも、「〜を支持する」「〜を我慢する」「〜に立候補する」などの意味もあります。

ほかの英語圏と比べると、なにかとカジュアル好きなアメリカは、ビジネスシーンでもむずかしい単語より、イディオムを使う傾向があるようです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/12/01
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼文=古賀るう(ニューヨーク・ニュージャージーでワーキングウーマン23年) ▼写真=古賀るう

過去の記事

領国経営
影の実力者たち〈5〉
〈5〉
柔軟性と人心掌握術で"左遷先"の経営課題を解決 蒲生氏郷 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.04.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈10〉
〈10〉
中小企業のブランディング 旧知の中堅メーカー社長からこんな相談を受けました... 2019.04.10更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈1〉
公認モチベーション・マネジャー資格 資格は身を助ける。この言葉が頻繁に使われるようになったのは1980年代... 2019.03.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ