リアル・ビジネス英会話 #14

maybe 安易な「たぶん」は要注意

全米のベストセラー『The Third Door』の中で、ビル・ゲイツは若いころに体験した日本企業との取引について次のように述懐しています。
「プレゼンを終えて契約をせまると、日本のビジネスマンは勿体つけてmaybeと答えた。日本語でこれはNo同然の意味なんだ」と。ゲイツはそれを"愉快なエピソード"として笑い話にしています。
しかしこれは、あまりにも的を得た皮肉です。maybeは「たぶん」や「おそらく」と訳されます。曖昧な表現が多い日本人にはとても使い勝手の良いフレーズですが、状況によってはネイティブには不愉快に思える"要注意"の表現なのです。

Maybe it will rain tomorrow. (たぶん明日は雨だね)
天候のように、自分の意思では決められない不確かな事柄を表現する場合はmaybeが妥当です。その一方、自分の意思で決められることを問われたときに、安易にmaybeを使うと相手をイライラさせたり失望させることにもなりかねません。


たとえば客先から「明日見積もりを貰える?」と問われて、こんなふうに答えてしまったらアウトです。
Maybe all right. (たぶん大丈夫です)
これを聞いた客先は「この人本当にやる気があるの?」と思うはずです。理由は"信頼度"の低さです。ネイティブは、maybeの「たぶん」を3割程度の信頼度で解釈します。つまりこの表現は"期待せずに待っててください"と言われているようなもの。ゲイツが日本企業の交渉力を皮肉ったのはまさにここです。


信頼度の高い返事をしたい場合は、probablyをお勧めします。
Probably all right. (おそらく大丈夫です)
Probably I can submit it tomorrow. (おそらく明日には提出できます)
maybeの信頼度が3割程度であるのに比べて、probablyには8割くらいの信頼度があり、より大きな安心感を与えます。ただmaybe同様、「probably=おそらく」という副詞を入れてしまうと、どうしても曖昧な印象を与えてしまうため、ビジネス上の会話で相手の要求に対する切り返しには控えた方が無難です。


当たり障りのないビジネスライクな表現はこれです。
I think I can submit it tomorrow. (明日には提出できると思います)
確約できない懸念要素がある場合は「I think〜」と表現するのが、より丁寧で前向きな印象を与えます。


私たちがよく使う「たぶん」は、日本語特有の表現です。ネイティブに対して頻繁に使っていると「なんで自分のことなのに分からないの?」と訝しがられてしまいます。ビル・ゲイツの愉快なエピソードではありませんが「おかしな英語を使う日本人がいてさ」などと陰口をたたかれぬよう言葉選びは慎重に。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/12/17
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼協力=K・Wakamatsu(大手旅行会社海外支店勤務歴) ▼写真=PIXTA

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈13〉
〈13〉
良品とは"廉価"でなく"適価"である 1970年代から80年代にかけて数を増やし、定着期... 2020.01.14更新
働く男の健康ライフ
〈13〉
現代の生活習慣病 スマートフォン症候群 IT関連の調査会社がおこなったアンケートによると... 2020.01.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈14〉
〈14〉
maybe 安易な「たぶん」は要注意 全米のベストセラー『The Third Door』の中で、ビル・ゲイツは... 2019.12.17更新
オフィス探訪
〈3〉
これなら行きたい! Chatwork株式会社のオフィスに納得 ネットワーク上でリアルタイムなコミュニケーションを実現する... 2019.12.12更新
エリア特集
〈22〉
都市機能をバージョンアップ 活気に満ちたビジネスエリアに 静岡市 静岡市は県の中部に位置する県庁所在地です。さかのぼれば、徳川家康が... 2019.12.04更新
リーダーズ・アイ
〈8〉
振付師 akaneの視点 1985年に流行った荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」... 2019.11.27更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈4〉
内脂サポート 40歳を過ぎたころ、腹の肉をつかみながら「この贅肉を筋肉に... 2019.11.13更新
若手のための
“自己キャリア”〈9〉
〈9〉
アンストラクチャー ラグビーワールドカップ日本大会が終わって、巷では「ラグビー・ロス」... 2019.11.11更新
企業見聞
〈21〉
半導体から宇宙開発事業 産業を支えるエネルギーの担い手 C型小惑星「Ryugu」から試料石の持ち帰りを目的とした「はやぶさ2」... 2019.10.28更新
領国経営
影の実力者たち〈7〉
〈7〉
新発想・新技術によって幕府を支え、大きく社会貢献した傑物 藤堂高虎 若き日の高虎は"転職"を繰り返したため... 2019.10.24更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈12〉
〈12〉
問題発見型の"ソリューション眼"を持つ 近年、企業の課題を解決するソリューションビジネスが... 2019.10.08更新
偉人たちの言葉
〈4〉
西郷隆盛の人事 「部下の気持ちを理解したい」という中間管理職にとって... 2019.09.24更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ