リアル・ビジネス英会話 #3

I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語

カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」と勘違いして使っている言葉が多くあります。日本人同士なら通じるけれど、海外で使うと「何を言ってるの?」ということにもなりかねません。気をつけたいものです。

たとえば空港の税関で...
「職業は何ですか?」と聞かれ、
"I'm a salaryman. (私はサラリーマンです)"
と答える日本人が少なからずいます。
しかし、「サラリーマン」は和製英語。しかもLとRが混在していて発音も難しく、伝わりにくい言葉です。

この場合は、
"I'm a businessman. (私はビジネスマンです)"
と答えるのがスッキリしていいでしょう。


ビジネスシーンの会話なら...
"My secretary is naive.(私の秘書はナイーブなんです)"
しかし「ナイーブ」は本来、「うぶ」とか「世間知らず」という意味です。 これを聞いた人は、あなたが秘書の悪口を言っていると思うかも知れません。

こうした場合は
"She is sensitive.(彼女は気にしやすいんです)"
"She is delicate.(彼女は繊細なんです)"
などが、伝えたかった本来の言葉に近いのではないでしょうか。


また違ったビジネスシーンでは...
"We got a go sign.(ゴーサインをもらった)"
「ゴーサイン」は進めの"標識"を意味しますので間違いではありませんが...
"We got a green light!(許可をもらったぞ!)"
"The new project has been approved.(新しいプロジェクトに承認が下りた)"
などが、より一般的に使われています。


ほかにも誤解されやすい英単語を挙げてみましょう。《○》の付いた方が本来の意味です。
スマート (smart):痩せている、スタイルがいい《×》 賢い、洗練されている《○》
ユニーク (unique): 面白い《×》 独特、唯一《○》
グラマー (glamour):胸の豊かな人《×》 美貌、魅力(人とは限らない)《○》
マンション (mansion):中高層の集合住宅《×》 大邸宅《○》

ビジネスシーンでは気をつけたい英単語もありますが、私の経験上、英会話の上達は、間違いを怖れずたくさん話すこと。気の置けない相手とは些細なことは気にせずに、積極的に会話を楽しんでください!
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/06/08
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼文=古賀るう(ニューヨーク・ニュージャージーでワーキングウーマン23年) ▼写真=古賀るう

過去の記事

オフィス探訪
〈4〉
将来を見据えたinnovation 東海東京フィナンシャルHDのオフィス 今回編集部がお邪魔したのは、リテール、ホールセール... 2020.02.21更新
企業見聞
〈22〉
東京五輪後は"求人広告"の新世紀 そこで、夢を語れる企業でありたい バブル真っ只中の1980年代。求人情報は、正社員... 2020.02.12更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈5〉
all birdsのスニーカー 好記録が出過ぎてしまうからオリンピックでは使っちゃダメ!... 2020.02.08更新
Officeオブジェクション
〈1〉
昼休み改革で"ランチ難民"を救済 東京都のランチ難民は2016年頃から増え始めました。理由は... 2020.01.30更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈13〉
〈13〉
良品とは"廉価"でなく"適価"である 1970年代から80年代にかけて数を増やし、定着期... 2020.01.14更新
働く男の健康ライフ
〈13〉
現代の生活習慣病 スマートフォン症候群 IT関連の調査会社がおこなったアンケートによると... 2020.01.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈14〉
〈14〉
maybe 安易な「たぶん」は要注意 全米のベストセラー『The Third Door』の中で、ビル・ゲイツは... 2019.12.17更新
オフィス探訪
〈3〉
これなら行きたい! Chatwork株式会社のオフィスに納得 ネットワーク上でリアルタイムなコミュニケーションを実現する... 2019.12.12更新
エリア特集
〈22〉
都市機能をバージョンアップ 活気に満ちたビジネスエリアに 静岡市 静岡市は県の中部に位置する県庁所在地です。さかのぼれば、徳川家康が... 2019.12.04更新
リーダーズ・アイ
〈8〉
振付師 akaneの視点 1985年に流行った荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」... 2019.11.27更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈4〉
内脂サポート 40歳を過ぎたころ、腹の肉をつかみながら「この贅肉を筋肉に... 2019.11.13更新
若手のための
“自己キャリア”〈9〉
〈9〉
アンストラクチャー ラグビーワールドカップ日本大会が終わって、巷では「ラグビー・ロス」... 2019.11.11更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ