リアル・ビジネス英会話 #8

At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ

英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語、英語でなんて書いたらいいのだろう?」と手が止まってしまう。日本のビジネスメールではお決まりのフレーズであっても、英語だとぴったりの表現が分からないという方も多いようです。そこで今回は、ビジネスメールで役立つ表現をいくつかご紹介します。

英文メールではDear...と相手に呼びかけた後、用件を切り出しても失礼にはあたりません。しかし「いつもお世話になっております」から始まる日本のメールに慣れた方には「抵抗がある」という方も少なくありません。

そんな時には、
I hope this email finds you well.(お元気でお過ごしのことと思います)
という挨拶文で始めると良いでしょう。

メールに返信する場合なら、
Thank you for your email.(メールをありがとうございました)
という出だしが、シンプルでおすすめです。

その後は、Regarding ~( ~の件ですが)と用件を切り出すとスムーズです。
Regarding the last meeting, ...(先のミーティングの件ですが)
Regarding the new project, ...(新規プロジェクトの件ですが)
など、「 ~」の部分を入れ替えると幅広い場面で使えます。


そしてメールの最後の件で「お手すきの際にお返事ください」と書く場合があります。
そんな時におすすめなのは、
at your earliest convenience.
直訳は「あなたの最も都合の良い、早い時に」ですが、「なるべく早めに」「ご都合のよいときに」といったニュアンスで、便利に使える表現です。
I look forward to having your reply at your earliest convenience.
(お手すきの際にお返事をいただけたら助かります)
ここで注意したいポイントをひとつ。
Please reply this email at your earliest convenience.
このように、「Please+命令文」という形の文にならないようご注意ください。
pleaseをつけると何でも丁寧な文章になるのではと思われがちですが、
その後に命令文が続くと「お返事いただけますよね」という強制的な意味合いになってしまいます。

これからのビジネスシーンでは英語は不可欠。英文でのメールをやり取りする機会もきっと増えるはずです。 その時、いくつかの文章パターンを知っておくとビジネスメールは書きやすくなります。
そこで、英文メールが来たときは相手の表現をマネして使ってみましょう。
パターンの引き出しが増えれば、手が止まることもなくなります。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/05/02
▼構成=編集部:吉村高廣 文=中村光代(企業広告・新規事業開発・海外向け事業等のコンサルタント)

過去の記事

オフィス探訪
〈1〉
株式会社Legaseed 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.05.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈7〉
〈7〉
プレゼン力 お手本は、池上彰さんの語りの技術... 2019.05.20更新
リアル・ビジネス
英会話〈12〉
〈12〉
Do you have a moment?  多忙な相手に話しかける 話したいことがあって、忙しそうな相手に... 2019.05.13更新
働く男の健康ライフ
〈11〉
デスクワーカー必見!肩こり解消の裏ワザ 一日の大半をパソコンと向き合うデスクワーカーにとって... 2019.04.23更新
領国経営
影の実力者たち〈5〉
〈5〉
柔軟性と人心掌握術で"左遷先"の経営課題を解決 蒲生氏郷 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.04.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈10〉
〈10〉
中小企業のブランディング 旧知の中堅メーカー社長からこんな相談を受けました... 2019.04.10更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈1〉
公認モチベーション・マネジャー資格 資格は身を助ける。この言葉が頻繁に使われるようになったのは1980年代... 2019.03.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ