現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #4

シンプルだからこそ心に響くフレーズがあります。

前回はオバマ大統領の"We will get to the bottom of this !"について触れましたが、今回はオバマ大統領の演説から特に有名な"Yes we can"についてお話ししましょう。

ご存知の通り、米国は多様な民族、宗教、文化、価値観等から成り立っている多民族国家なので、米国のリーダーは可能な限り簡単な単語と言い回しを駆使して自分のビジョンや思いなどを共有しようと努力します。

"Yes we can"は英語を覚えた頃の中学生ならば「はい、私たちは(そうすることが)できる」という訳になります。ところがオバマ大統領の演説ではこれに信念ともの凄いエネルギー込めており、次の通りブレークダウンすることができます。
Yes we can

Yes = 「はい」というよりも、ガッツポースの "Yes!!" 。聞き手を前向きにさせる。
we = 「我々」と訳するよりも「ぼくら」というニュアンス。一体感を醸成している。
can = 「できる」ではなく「やれる」と理解したほうが自然。より挑戦的な目標を達成するイメージ。
"Yes we can"は単なるフレーズではなく、キャッチフレーズ的な意味合いも込めて、「一緒に頑張れば必ず出来る!」、つまり「為せば成る!」と多くの人に訴える言葉となった瞬間でした。非常に簡単なフレーズではあるものの、むしろシンプルだからこそ、多様な米国民はもちろんのこと、世界中の人々の耳に焼きつくフレーズとなったのではないでしょうか。

商談中、暗礁に乗り上がって長い沈黙が続くことがありますね。そんな時に、勇気を出して"Yes we can"と叫んだら、思いのほか良い方向に商談の流れが変わるかも知れませんね。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/08/21
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

オフィス探訪
〈2〉
会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージ 会社の理念が見事にデザインされた 株式会社エムステージのオフィスを探訪 2019.07.17更新
領国経営
影の実力者たち〈6〉
〈6〉
今に続く武田のイメージを作り上げた広報マン 高坂昌信  武田信玄と上杉謙信が激突し、12年にも及んだ"川中島の戦い"... 2019.07.10更新
偉人たちの言葉
〈3〉
西郷隆盛の度量 一部の歴史研究家の中には、... 2019.07.01更新
企業見聞
〈20〉
白樺湖に、世界に通用するリゾートをつくる。 長野県屈指の高原リゾート・白樺湖。おそらく... 2019.06.20更新
ビジネスパーソンに必要な資格
〈2〉
メンタルヘルス・マネジメント検定 心の不調や病気に悩む人が増えています。2014年の法改正で... 2019.06.10更新
エリア特集
〈20〉
消費の街からビジネスエリアに 進化と変貌を続ける副都心・新宿 新宿駅は、都心部を循環するJR山手線や「エリア特集#15」で紹介した... 2019.06.03更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈2〉
サッポロ 極ZERO 休肝日?バカなことを言ってるんじゃないよ。しかもこれからビールがうまい季節だよ... 2019.05.27更新
オフィス探訪
〈1〉
まさに"Star Wars"の世界観! 株式会社Legaseed 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.05.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈7〉
〈7〉
プレゼン力 お手本は、池上彰さんの語りの技術... 2019.05.20更新
リアル・ビジネス
英会話〈12〉
〈12〉
Do you have a moment?  多忙な相手に話しかける 話したいことがあって、忙しそうな相手に... 2019.05.13更新
働く男の健康ライフ
〈11〉
デスクワーカー必見!肩こり解消の裏ワザ 一日の大半をパソコンと向き合うデスクワーカーにとって... 2019.04.23更新
領国経営
影の実力者たち〈5〉
〈5〉
柔軟性と人心掌握術で"左遷先"の経営課題を解決 蒲生氏郷 現代のビジネスマンにとって"転勤"は、避けて通れないできごと... 2019.04.16更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ