現役商社マンによる実践ビジネス英会話 #1

Apples to Apples 意思疎通を図るうえで大切な「イメージ共有」によく使われます。

コミュニケーション力が大切であることは、経験を積んだビジネスマンなら心得ていること。 ところが、グローバルなビジネスにおいて日本人は「英語」の能力は相応のレベルであるにも係らず、今一つ意思疎通が思うように出来ていないケースが少なくありません。

そこで、意思疎通を図るうえで大切な「イメージの共有」によく使われている"Apples to Apples"にご注目。

例えば、あなたが「薄さと軽さと価格」でヒット中の最新素材の冬服を売っていたとします。 あるお客様にいくらそのよさを説明しても、どうにも納得してご購入にいたらない。 なぜ買ってくれないのだろう。 このお客様は、ヒット商品の良さを分かってくれてない、と思い込みをしてしまいます。

実は「薄いとか軽い」ではなく、単に高級カシミアの冬服を探していたのですね。 非常に単純化したケースですが、このケースを英語で表すと、
They are not talking apples to apples, they are thinking apples to oranges.
(直訳:彼らはリンゴとリンゴの会話になっておらず、リンゴとオレンジだ。/意訳:彼らの会話は噛み合っておらず、まったくずれている)
日本人同士でも思い込みや勘違いで上手く行かないことがありますね。 まして、色々な条件が絡む複雑な商談を習慣・宗教等価値観の異なる外国人と上手く進めるには、"Apples to Apples"になっているとこを根気よく確認し合うことが肝要です。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/03/25
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼30年間海外とビジネスを進めてきた現役商社マン沢田浩一(仮)55歳=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新
Officeオブジェクション
〈2〉
職場のソーシャルディスタンス 「ソーシャルディスタンス」という言葉をよく耳にするようになりました... 2020.04.21更新
若手のための
“自己キャリア”〈10〉
〈10〉
人脈づくりは金脈づくり 反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界... 2020.04.07更新
リアル・ビジネス
英会話〈15〉
〈15〉
I will manage. なんとかします 自分の仕事に集中しているとき... 2020.03.10更新
偉人たちの言葉
〈1〉
明智光秀のロイヤリティ 明智光秀を語るとき、真っ先に思い浮かぶのが... 2020.03.05更新
エリア特集
〈23〉
街の変化と人口増加が止まらない! 最強地方都市 福岡 2019年10月に公開された「全国自治体構成・最新版」... 2020.02.27更新
オフィス探訪
〈4〉
将来を見据えたinnovation 東海東京フィナンシャルHDのオフィス 今回編集部がお邪魔したのは、リテール、ホールセール... 2020.02.21更新
企業見聞
〈22〉
東京五輪後は"求人広告"の新世紀 そこで、夢を語れる企業でありたい バブル真っ只中の1980年代。求人情報は、正社員... 2020.02.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ