シリーズ清野裕司の談話室Vol.2 シリーズ清野裕司の談話室Vol.2

シリーズ清野裕司の談話室Vol.2

第2回 キャリアデザインは、若手だけの課題なのか

前回は、デザインが私たちの消費行動にどう影響するかについて考えてみました。少しおさらいをしますと、基本性能に大きな差がなくなった今は"デザインの良し悪し"が消費者意識を左右する大きな要素となる。これが私の見解です。ただこれは、あくまで"モノ"についての定義です。では"ヒト"についてはどうでしょう?
そこで今回は、最近よく耳にする『キャリアデザイン』について考察したいと思います。

キャリアとは、人の生き方そのもの

形の定まっていない自分の未来を、どのように形づくっていくかを考えること。それを「キャリアデザイン」と呼びます。一般的に「キャリア」という言葉は「成功体験の積み重ね」ととらえられがちです。もちろん誤りではありませんが、もっと広義に解釈すべきであるというのが私の自論です。では、広義な解釈とは何か。それは"人の生き方"そのものです。

人は生まれついた環境によって人生のデフォルト(初期設定)が異なります。裕福な家庭に生まれ育てばそれなりの暮らしをするでしょうし、その逆もまた然りです。しかし多くの場合、人はどこかのタイミングで自分なりの生き方を考え、それを実現させるための計画を立てます。
たとえば、医師を目指す人なら医学部に入り国家試験のクリアが大前提です。病に苦しむ人を救いたいと思っていても、気持ちや家庭環境だけでは医師にはなれません。医療を通して社会に貢献するためには、医学部に入る学力をつける努力が必要です。こうした営みこそがキャリアデザインの本質です。

若手のキャリアデザインには良きコーチが必要

キャリアデザインを考える上で、医師になるための道筋などは比較的分かりやすい抽象例ですが、すでに十分なキャリアを積み、かつて思い描いた未来を形にしてきた皆さんにとって、このテーマはいまひとつピンと来ないものかも知れません。しかし、視点を変えてキャリアデザインを考えてみると少し違った世界が見えてくるはずです。それは会社を形づくる上で極めて重要な経営課題である"若手社員の育成"についてです。

ここ近年、新入社員の離職率が問題視されています。原因の1つには、柔軟な発想ができるコーチ(管理職)の欠如があります。形の定まっていない若者が未来を描き、それを実現させるためにはステップアップのプロセスが必要です。本来、その指針を示すのがコーチの役割ですが、部下の弱みばかりに目を奪われて彼らの創造性を引き出せない、あるいは、既存のセオリーや自分の成功体験に当てはめて人を育てようとするあまり、若手の潜在能力を活かし切れないコーチが多いようです。これでは自分の将来を思い描くこともできません。結果、若者が会社を去っていくのです。

異端の才能を開花させた名将の眼力

「トルネード投法」の野茂英雄や、「振り子打法」のイチローなど、世界の檜舞台で活躍する野球選手のキャリアデザインを支援したのが、近鉄・オリックスで指揮をとった故・仰木彬監督です。野茂もイチローも今でこそ超一流プレーヤーとして球界にその名を刻んでいますが、デビュー当時はあまりのフォームの異端さに評価はさんざんなものでした。それを認めて使い続けたのが仰木監督です。仰木監督は、セオリーでは括りきれない二人の若者の潜在能力を見抜いて、結果が出るまで我慢しました。これが仰木監督が名将と言われる所以です。

一般企業にも同じことが言えます。突拍子もないアイディアだったり、前例のない取り組みはなかなか評価されません。よくビジネス誌などで「企業は異端児的な社員を求めている」といった見出しを見かけますが、多くの場合はその逆で出る杭は打たれます。むしろ、既存のビジネスセオリーを重視した人材育成をしているのが実情です。
つまり、形の定まっていない若手の未来が、会社の形に合うようデザインされていく。これほど不幸なことはありませんし、変化の早い今の時代は会社にとっても損失です。もしかすると御社にも、可能性を秘めた異端児が潜んでいるかも知れません。そんなとき皆さんは、どのような向き合い方をされるでしょう。若手の未来を信じて、我慢することができるでしょうか?

清野裕司のmarketing eye

"若手のキャリアデザインは、会社の推進力にもなる"

Yuji Seino
清野裕司


1947年生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒業マーケティングを専攻 。商社、メーカーにてマーケティングを担当し、1981年(株)マップスを創設。現在、同社の代表取締役。マーケティング戦略の立案、商品・店舗の開発支援、営業体制の整備、ブランド開発、スタッフ養成の研修まで、業種業界を超えたマーケティング・プランナーとして、2500種類のプロジェクト実績。

株式会社マップス ホームページ:http://www.mapscom.co.jp

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2017/05/02
▼構成=編集部 ▼文=清野裕司 ▼写真・イラスト=フリー素材

過去の記事

Officeオブジェクション
〈3〉
オフィスにも"サブスク"の波 バブル景気の華やぎがまだかろうじて残っていた1990年代前半... 2020.07.02更新
若手のための
“自己キャリア”〈11〉
〈11〉
三行メールの功罪 ビジネス関連のWEBサイトを眺めていると... 2020.06.26更新
企業見聞
〈23〉
ショッピングセンターの草分けとして、 明るい未来を展望する。 昭和26年、戦後の銀座の復興と交通渋滞の緩和を目的に... 2020.06.22更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
コロナブルーからココロの健康を保つ 新型コロナがもたらした閉鎖的な環境(自粛生活)の中で... 2020.06.16更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈6〉
家庭用ビアサーバー 4月の上旬、世界中でSTAY HOME!... 2020.06.08更新
領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新
Officeオブジェクション
〈2〉
職場のソーシャルディスタンス 「ソーシャルディスタンス」という言葉をよく耳にするようになりました... 2020.04.21更新
若手のための
“自己キャリア”〈10〉
〈10〉
人脈づくりは金脈づくり 反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界... 2020.04.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ