シリーズ清野裕司の談話室 シリーズ清野裕司の談話室

シリーズ清野裕司の談話室

#2 ビジネスに役立つ「アイディア」のつくりかた

五感を尖らせ変化に敏感になる

五感を尖らせ変化に敏感になる ビジネスに役立つチカラを養う上で必要な「3つのS」。前回お話しした第一のSである「Skill(技)」に引き続き、2番目のSは「Sense(感)」、いわゆる、小さな変化を敏感に察知して「感じる力・感じさせる力」を持つことの大切さについてお話ししたいと思います。

私たちの毎日は、これといった驚きや未知との遭遇でもない限り、平凡に流れていき、無意識のうちに予定をこなすだけの日常になりがちです。同じことが同じように繰り返されると、驚きや変化は無意識の中に埋もれてしまい、その価値を失ってしまいます。
しかし、一つひとつの「ちょっとした事象」を注意深く観察してみると、思いの他そこに、新しい発見や思わぬ感動が潜んでいることが少なくありません。ただそれを察知するには訓練が必要です。毎日を漫然と過ごしていただけでは「ちょっとした事象」を見過ごしてしまいます。

大事なことは、日々五感を尖らせて変化に敏感になる習慣を身につけること。その習慣が身につけば、日常の中で「これってどうだろう?」とか「こんなことがあったんだ!」といった疑問や感動が次々生まれ、それらをビジネスに役立つアイディアに変えていくこともできるようになります。
Sence(感)を高める ちょっとした驚きを「感動」に

平凡な日常を違った視点で見る

「感じる力」を発揮してビジネスに役立てていこうとするならば、平凡な日常に小さな変化を与えて、ちょっとした驚きを生み出す「感じさせる力」の発信者にならなくてはなりません。たとえば、東京から関西方面へ、あるいはその逆に向かう交通手段として、新幹線を利用される方も少なくないと思います。その都度耳にする「ただ今、この新幹線は定刻通り小田原を通過いたしました」というアナウンス、皆さんは「もっと気の利いたことが言えないものか」と思ったことはないでしょうか。乗客にしてみれば、よほど不測の事態がない限り「定刻通り」は当然のこと。いまさらのことを聞かされても感動はありませんし、気にとめる人も少ないはずです。

もしそこで、こんなアナウンスがあったらどうでしょう。「右手をご覧ください。(関西方面からなら左手)富士山がたいへん美しい佇まいを見せております」と。会議の資料に目を通している人も、パソコンの画面に目をやる人も、思わずそちらに視線を向けるに違いありません。つまりアイディアとは、平凡な日常を違った視点で見つめることから生まれます。また、そうした視点をたくさん持つことがビジネスセンスの向上にもつながるのです。
Yuji Seino
清野裕司
1947年生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒業マーケティングを専攻 。商社、メーカーにてマーケティングを担当し、1981年(株)マップスを創設。現在、同社の代表取締役。マーケティング戦略の立案、商品・店舗の開発支援、営業体制の整備、ブランド開発、スタッフ養成の研修まで、業種業界を超えたマーケティング・プランナーとして、2500種類のプロジェクト実績。

株式会社マップス ホームページ:http://www.mapscom.co.jp
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/04/24
▼編集部=構成 ▼清野裕司=文 ▼写真=フリー素材

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
西郷隆盛の仕事観 "討幕"といった大仕事を成し遂げて... 2019.03.11更新
リーダーズ・アイ
〈6〉
ラグビーW杯2019日本大会アンバサダー 大畑大介の視点 4年に一度じゃない。一生に一度だ... 2019.03.04更新
エリア特集
〈19〉
三宮が変わる! 動き出した国際都市・神戸 1868年の開港以来、国際色豊かな港町として発展してきた神戸... 2019.02.25更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ