ピックアップBOOK #2

『できる大人のモノの言い方大全』

話題の達人倶楽部[編]:青春出版社
2012年10月発行
2013年2月第18刷
ビジネスシーンの中で初めて会う方と
ご挨拶を交わすとき。
まず、身だしなみはどうか気になるところです。
よく靴をチェックすると、
その人の仕事ぶりがわかる、という人もいます。

何よりも重要なことは最初の挨拶の言葉です。
相手の立場や年齢などで微妙に言葉を使い分けし、
大人としての挨拶をすることがポイントです。

ここで不的確な言葉を選べば
「社会人としてどうなの?」
「大人としていかがなものか・・・」と、

印象を悪くしてしまうだけでなく、
その後のビジネスにも影響をあたえることになります。

しっかりと「日本語力」を身につけなければ、
大人のビジネスパーソンとしては認められません。

では「できる大人」になるための「日本語力」とは?
1)タイミングと状況に応じて的確な言葉を選べる力
2)会話の相手に応じて的確な言葉を選べる力
この2つの力を兼ね備えなければならないと
本書ではまとめています。

ビジネスパーソン必読の一冊とも言える
「できる大人のモノの言い方大全」には、
「モノの言い方」の代表的な用例をほぼ網羅。
朝のあいさつに、営業活動に、
会議の仕切りに役立つ言葉など、
今日から役立つ実践的なフレーズを紹介。

さらに、時候のあいさつから、
クレームをさばく言葉まで満載。
ビジネスで失敗しないための
「できる大人」の一冊と言えそうです。
できる大人のモノの言い方大全

できる大人の
モノの言い方大全

話題の達人倶楽部[編]:青春出版社
2012年10月発行
2013年2月第18刷

『広報の達人になる法』

山見博康著[著]:ダイヤモンド社
2005年3月発行
経営者が「組織の明確なビジョン」と
「それを支える戦略」、そして
「具体的な行動計画」を描くこと・・・
これが高い業績へ導く因子になります。

しかし、いかにビジョンや戦略がパワフルでも
社員に理解されなければ共有されず
パワーレスになり、結果を出すことはできません。
それらを社員に伝え、モチベーションを高めるには
継続的かつ焦点の当たった
コミュニケーションが必要なのです。
(以上、本書序文より引用)

社長の思いと従業員のモチベーションの共有化、
企業とメディアとの関係、
ブランド力の構築、PR戦略、さらには、
CSR(企業の社会的責任)対応など、
広報に求められる要素は多彩です。

本書では、広報とは何か、
そして広報の本質とは何かをわかりやすく解説。
さらに、実践的な広報活動例を紹介することで、
企業業績を変えるとまで言われる
広報力向上を指南。

広報担当者だけでなく、経営陣、営業現場担当など、
ビジネスパーソンすべてに読んでいただきたい一冊。
広報の達人になる法

広報の達人になる法

山見博康著[著]:ダイヤモンド社
2005年3月発行
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/05/22
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=各出版社・著者からの紹介文をリライト ▼本の写真=渡部恒雄撮影

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈8〉
〈8〉
人も会社もダメにする馴れ合いの構造 驚くべき新聞記事を目にしました... 2018.09.19更新
エリア特集
〈17〉
再開発とリニア中央新幹線で大注目! 品川駅周辺エリア 江戸時代に東海道で最初の宿場町が置かれたのが品川です。 2018.09.12更新
若手のための
“自己キャリア”〈4〉
〈4〉
交渉力 「ネゴシエーター」という言葉を記憶されているでしょうか。 2018.09.03更新
大人の趣味活
〈3〉
プラモデル 究極の自己満足を、ぜひあなたも! 昭和30年代、40年代生まれの方(主に男性)にとって... 2018.08.17更新
リアル・ビジネス
英会話〈9〉
〈9〉
Can I take a rain check? 野球由来のイディオム 夏に話題になるスポーツと言えば「野球」... 2018.08.08更新
オトコの休日クッキング
〈2〉
海南(はいなん)チキンライス 記録的な猛暑が続く今年の夏... 2018.08.07更新
偉人たちの言葉
〈3〉
怒りについて 頭に来たら、4つ数えろ... 2018.07.30更新
領国経営
影の実力者たち〈3〉
〈3〉
天下取りを支えたNO.2"蜂須賀正勝" 正勝が育った濃尾平野は、木曽川や長良川、揖斐川といった... 2018.07.30更新
企業見聞
〈17〉
マーケティングとアイディアで業界のリーディングカンパニーへ 創業100年以上の老舗企業は、日本全国でわずか3万3069社... 2018.07.23更新
ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ