ピックアップBOOK #1

『スーツを脱いだマーケティング』

清野裕司著:株式会社泉文堂
2006年12月発行
マーケティングというと
敷居が高いイメージがありますが。
本書では専門的な知識を持たなくとも
マーケティングを個人がどのように解釈をし、
理解を深めたらよいのかを丁寧に解説。
  • コトラーやポーターの理論は学んだが、
    自分の今の仕事とあまりにも乖離している。
  • 多くのマーケティング理論がありすぎて、
    どこから手をつけてよいのかわからない。
  • コンサルタントや調査会社からは
    たくさんのレポートを受け取るが、
    すべてを解釈することができない。
そんな声に応える一冊です。
日々マーケティングの業務に携わりながらも
釈然としない思いを持たれている実務家の方々や
マーケティングに関心の高いビジネスパーソンに
おすすめします。

著者は業種業界を超えた
マーケティング・プランナー清野裕司氏。
著者自身の経験からマーケティングとの関わりを通じて
感じ、学んだ、発想のコツや考え方、
または行動のヒントを四十のタイトルで
事例を交えて紹介。

本書では「マーケティング・スタッフは、
通常の業務を離れ、スーツを脱いだ消費者になった折の
発想・気づきを高めることが重要である」と提唱。

マーケティングは理論を学ぶだけに止まらず、
自分の考えや想いをカタチに変えていくプロセス。
理論的、座学にとらわれることなく、
日々浮かび上がる個人的な想いこそが、
実はマーケティング発想の糸口になることを、
本書ではまとめています。
スーツを脱いだマーケティング

スーツを脱いだ
マーケティング

清野裕司著
株式会社泉文堂
2006年12月発行

『1週間でマスターする金融・為替の集中講義』

小口幸伸著:フォレスト出版株式会社
2013年2月発行
為替に関する事柄は「円高」「円安」の用語が
日常的に使われることが示すように、
身近なトピックになっています。

「輸出産業が円高で打撃を受けた」
「日銀は金融緩和をして円安にしろ」
「円安でガソリン価格が上がった」
「円高で海外旅行に行く者が増えた」

このように為替は
我々の生活や経済に密接な関係にあります。
しかし、それにもかかわらず、
為替についての「常識」は正しくないことが多いのです。
無理もありません。学校では教えません。
大学で教えることはあっても理屈や理論ばかりで、
市場経験に基づいた実践の内容からは、
かけ離れている場合が多いようです。

本書は金融・為替を複合的にとらえ、
読者の正しい理解を促すことを主眼としました。

元シティバンクのカリスマディーラーの
通貨・国際投資アナリストが
あなたの「そこが知りたい!」という
一歩踏み込んだ疑問に答えます。

各項目は設問形式にして
できるだけ親しみのあるトピックを採用し、
分かりやすく解説。

市場の構造、市場参加者、取引方法、
変動要因、リスク管理など、こうした理解を通じて、
金融・為替の全体像が浮かび上がるよう編集。

個人投資家の方から、金融の現場の
プロフェッショナルまで、
広く参考にしていただける実践型の一冊と言えます。
1週間でマスターする金融・為替の集中講義

1週間でマスターする
金融・為替の集中講義

小口幸伸著
フォレスト出版株式会社
2013年2月発行
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/03/25
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=各出版社・著者からの紹介文をリライト ▼本の写真=各出版社・著者から提供

過去の記事

ココロが動いた!秀逸コピー
〈1〉
ハズキルーペ 本物の象に商品を踏ませてその丈夫さをアピールしたアーム筆入れ。 2019.02.21更新
リアル・ビジネス
英会話〈11〉
〈11〉
Pardon? 相手の話が聞き取れないとき ビジネスで英語を使う時、ビギナーの方が必ず直面するのが... 2019.02.18更新
若手のための
“自己キャリア”〈6〉
〈6〉
ルーティン効果 ラグビー人気に火がついた2015年のワールドカップ... 2019.02.04更新
働く男の健康ライフ
〈10〉
「酒飲み」へのエール! お酒との"上手な付き合い方" かつては「酒はサラリーマンのガソリン」などと... 2019.01.29更新
企業見聞
〈19〉
理屈抜きに旨い酒造りでブームの再来を。銘酒・賀茂泉の成長戦略 兵庫の灘、京都の伏見、そして東広島の西条。これら... 2019.01.24更新
偉人たちの言葉
〈1〉
西郷隆盛の金銭感覚 大河ドラマでもおなじみの"西郷どん"こと西郷隆盛。 2019.01.21更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈9〉
〈9〉
凡事徹底で"ビジネス体幹"を鍛える 寿司職人が何年も修行するのはバカ... 2019.01.11更新
日本の匠シリーズ
〈13〉
多摩織の技を、ハイファッションへ。IoTへ。 幕末から明治の中期にかけて養蚕や織物の町として... 2018.12.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈5〉
〈5〉
鳥の眼、虫の眼、魚の眼 NHK連続テレビ小説『まんぷく』が人気です... 2018.12.12更新
大人の趣味活
〈4〉
ドローン 世界が変わる!鳥の視点 今やテレビや映画の制作現場で不可欠となっている... 2018.12.11更新
エリア特集
〈18〉
若者の聖地から、大人のビジネスエリアへ 東京渋谷区 東京で育った中高年諸氏の中には、渋谷の記憶を辿ると... 2018.11.29更新
企業見聞
〈18〉
頑張るだけでは現状維持すら困難。人も企業も"殻を破って"成長する。 自社ビルの屋上に、会社案内にアクセスする... 2018.11.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ