ちょっと一服 私事と仕事 #6

Way to go!

ちょっと一服「私事と仕事」で連載してきたコラムも いよいよ最終回となりました。 お付き合いいただきありがとうございました。   一般的に、日常生活では公私を切り分けて、 オンとオフをメリハリにして暮らしている方は多いと思います。 しかし、こちらのコラムでは、 意識的に結び付けて考えることを推奨してきました。 例えば私事の「サッカー」と仕事の「プロジェクトチーム」。 個々の強みや弱みを把握し、戦術や戦略を共有するという点で、 私事=仕事を"意識"してみるという発想をご紹介いたしました。 「子育て」と「新入社員教育」では、 すぐに結果を求めずに忍耐強く愛情を持って支えるという "気づき"をお話いたしました。  
今回のコラムを通してお伝えしたかったことは、 この"意識"と"気づき"です。 私事と仕事の接点は何かないだろうかと"意識"をしていくと、 思いのほか、新展開の"気づき"が得られます。 ビジネスにおいて、"意識"と"気づき"は重要なファクターです。 "意識すること"と"気づくこと"は、積極的、能動的なプラス思考です。
目に見えないプラスの空気感が、人生の好循環のループを作ります。 好循環のループに仕事・家族・友人・趣味など多くを巻き込むと、 自分の想像の域をはるかに越えた化学反応が起きます。 いかがでしたでしょうか。 ここまで私の経験やアイデアを中心にお話してきましたが、 それぞれの環境によってやり方は大きく変わります。 自分で「考える」ことから始めて、必ず「実行」してください。 自分の想像の域をはるかに越える化学反応を体験してください。 このコラムが少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

堀江 泰 PROFILE

堀江車輌電装株式会社 代表取締役。企業経営に携わりながら、資産形成や家計管理などお金についての考え方や使い方、貯金の仕方などを教授するマネーマネジメントコーチとしても活躍(日本生涯学習協議会(内閣府所管)金融学習協会・マネーマネジメントコーチ/住宅金融普及協会・住宅ローンアドバイザー)。またボランティアスタッフとして知的障がい者サッカー日本代表チームの広報・企画運営として支援活動に参加。2015年からは障がい者支援事業「トライアングル」を立ち上げ、障がい者専門の転職支援サービス・知的障がい児向けフットサルスクールを展開。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/04/21
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼堀江泰(マネーマネジメントコーチ)=文

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ