今月の一言二言 #8

 ♯8 マナー違反の

いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの、いわゆる「クールビズ」で仕事をされている方も多いことでしょう。クールビズとは、"涼しく"そして"かっこよく"ビジネスを。という2つ意味を含んだ造語。2005年、最近何かと話題のあの方(現・東京都知事)の呼びかけではじまりました。
それ以前にも「省エネルック」なるものが提唱されたことがありました。ただあの時は、政治家が半袖スーツを着て一生懸命アピールしたにもかかわらず大失敗。その理由は、とりもなおさず、見た目が「アウト」だったからです。

クールビズが定着した理由は、特別なファッションを押し付けなかったことにあります。省エネルックはかなり陳腐な半袖スーツの推奨であったのに対して、「失礼がない程度に涼しい装いをしましょう」というのがクールビズの本質。つまり、装いのルールは、基本的に本人の"常識"に委ねられているわけです。ところがその一方で、「さすがにこれはどうだろう?」と思える人をチラホラ見かけます。

とくに目につくのがシャツのYゾーン、つまり首元をどこまで開放するかの線引きです。明確な決まりはないものの、やはり第1ボタンまでがクールビズの限界と考えるべきです。また、汗でシャツが素肌に貼り付き、透けているのもやっぱりアウト。どんなに暑くても、ビジネスマンならアンダーシャツは必須です。
詰まるところ、クールビズとは、その人の"マナーが試される自由"ということもできるのです。
(記事:編集部)

オフィス探しにも「クールさ」を!

オフィスが快適!そう思えてこそ効率はアップします。
また、訪れる人に不快な印象を与えないことも大事なポイント。
そんなオフィスをお探しなら、さっそくWEB検索を!
http://www.e-miki.com

  • *検索結果はオフィス探しの参考としてご自由にお使いください
  • *こちらから一方的に検索された方にご連絡することはございません
  • *下記までお電話いただければオフィスの詳細はご案内させていただきます
  • *0120-38-8127
  • *受付時間:9時-17時/土日祝日除く
■記事公開日:2017/07/03
▼構成・記事=編集部 ▼監修=吉村高廣

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新
チャレンジ・スポーツ
〈11〉
卓球 老若男女を問わず、 長く続けられる趣味として! 運動不足解消や健康維持を目的にスポーツをはじめても、何かしら目標がないとなかな... 2017.08.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新

バックナンバー※2017.04.17 現在