今月の一言二言 #9

 ♯9 もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら

2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本。これは「世紀の番狂わせ」として世界中で報じられました。その時、日本チームを率いていたのが名将エディー・ジョーンズ監督です。
ジョーンズ氏の選手管理は徹底していたといいます。ユニフォームにGPSを埋め込んで、選手の位置や運動量を把握したり、消灯や起床時間を厳守させたり。当時選手だった幾人かに話を聞く機会がありましたが、口を揃えて話したのは「ばかばかしいと思った。でも、それで強くなれた」ということです。

世界レベルと対峙すると、いまひとつ力が発揮できなかったそれまでの日本。課題は"個の弱さ"や"独創性の欠如"と言われ、「もっとラグビーを楽しんで、もっと自由にプレーすること」が善しとされていました。
ところがジョーンズ氏は「That's not necessary(そんなものは必要ないよ)」と一刀両断。選手たちから自由を奪い、徹底した管理ラグビーへと方向転換して、歴史に残る快挙へと導いたのです。

いまビジネスの現場では、以前の日本ラグビーと同じようなことが盛んに言われています。仕事を楽しめてこそ成長がある。そのためには個人の主体性に任せることが肝心だと。まさしく真理です。
しかし、人から管理されずに個性や独創性を武器にできるのは、それ相応の経験と実績を持っているからこそ。そこを勘違いして理想に走ると、ビジネスというシビアなピッチでトライを決めるのは難しいかも知れません。
(記事:編集部)

ビジネスでトライするオフィス選びを

ベテランと若手の
チームワークを向上させて、
結果を出せるオフィスをお探しなら、
検索WEBサイトをご利用ください。
http://www.e-miki.com

  • *検索結果はオフィス探しの参考としてご自由にお使いください
  • *こちらから一方的に検索された方にご連絡することはございません
  • *下記までお電話いただければオフィスの詳細はご案内させていただきます
  • *0120-38-8127
  • *受付時間:9時-17時/土日祝日除く
■記事公開日:2017/09/05
▼構成・記事=編集部 ▼監修=吉村高廣

過去の記事

日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新
チャレンジ・スポーツ
〈11〉
卓球 老若男女を問わず、 長く続けられる趣味として! 運動不足解消や健康維持を目的にスポーツをはじめても、何かしら目標がないとなかな... 2017.08.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新

バックナンバー※2017.04.17 現在