今月の一言二言 #9

 ♯9 もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら

2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本。これは「世紀の番狂わせ」として世界中で報じられました。その時、日本チームを率いていたのが名将エディー・ジョーンズ監督です。
ジョーンズ氏の選手管理は徹底していたといいます。ユニフォームにGPSを埋め込んで、選手の位置や運動量を把握したり、消灯や起床時間を厳守させたり。当時選手だった幾人かに話を聞く機会がありましたが、口を揃えて話したのは「ばかばかしいと思った。でも、それで強くなれた」ということです。

世界レベルと対峙すると、いまひとつ力が発揮できなかったそれまでの日本。課題は"個の弱さ"や"独創性の欠如"と言われ、「もっとラグビーを楽しんで、もっと自由にプレーすること」が善しとされていました。
ところがジョーンズ氏は「That's not necessary(そんなものは必要ないよ)」と一刀両断。選手たちから自由を奪い、徹底した管理ラグビーへと方向転換して、歴史に残る快挙へと導いたのです。

いまビジネスの現場では、以前の日本ラグビーと同じようなことが盛んに言われています。仕事を楽しめてこそ成長がある。そのためには個人の主体性に任せることが肝心だと。まさしく真理です。
しかし、人から管理されずに個性や独創性を武器にできるのは、それ相応の経験と実績を持っているからこそ。そこを勘違いして理想に走ると、ビジネスというシビアなピッチでトライを決めるのは難しいかも知れません。
(記事:編集部)

ビジネスでトライするオフィス選びを

ベテランと若手の
チームワークを向上させて、
結果を出せるオフィスをお探しなら、
検索WEBサイトをご利用ください。
http://www.e-miki.com

  • *検索結果はオフィス探しの参考としてご自由にお使いください
  • *こちらから一方的に検索された方にご連絡することはございません
  • *下記までお電話いただければオフィスの詳細はご案内させていただきます
  • *0120-38-8127
  • *受付時間:9時-17時/土日祝日除く
■記事公開日:2017/09/05
▼構成・記事=編集部 ▼監修=吉村高廣

過去の記事

若手のための
“自己キャリア”〈1〉
〈1〉
言葉の断捨離 2010年の流行語大賞にもノミネートされ話題になった『断拾離(だんしゃり)』... 2018.01.11更新
働く男の健康ライフ
〈6〉
仕事のベストプラクティスを!"骨盤歪み改善ストレッチ" ここ近年「骨盤矯正」というキーワードがテレビや雑誌等で... 2017.12.18更新
日本の匠シリーズ
〈11〉
技術が織りなす華やかな紋様 世界が認めた江戸切子 江戸切子は、1834年(天保5年)江戸大伝馬町の... 2017.12.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈6〉
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈5〉
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新
リアル・ビジネス
英会話〈5〉
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈4〉
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
大切なのは妥協なく精進し覚悟を持つこと 女性初のねぶた師 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新

バックナンバー※2017.04.17 現在