日本の匠シリーズ 日本の匠シリーズ

日本の匠シリーズ

vol.1 伊賀焼の土鍋 三重県伊賀市/長谷園の伊賀焼土鍋

匠の生き方、こだわりが息づく逸品。使うほどに愛着が深くなる伊賀焼の土鍋。

天保三年に築窯した長谷園。その長谷園の匠によって作られる本質の逸品「伊賀焼土鍋」。普段の食卓にこそ映える、その魅力の秘密とは。

いいモノとは、特別な日だけの脇役ではないと思います。日々の生活に欠かせない道具として、使うほどに味わいが出て重宝する逸品こそが、いいモノとしての主役になれます。今回は三重県伊賀市で焼かれる伊賀焼の土鍋です。

天保三年に築窯して以来、180年の伝統文化を継承する三重県伊賀市丸柱(阿山地区)の長谷製陶株式会社「長谷園」。ここで焼かれる伊賀焼の土鍋、その魅力はまさに土の耐火度です。伊賀の土には一般的なものより耐火度が高いため、昔から直火にかけられる土鍋は伊賀焼が重宝されていました。比較的流通している安価な土鍋は、外国産のペタライトという土を混ぜて耐火強度を上げていますが、自然が持つ本来の素材の強さを引き出している伊賀の土鍋は別格だと言えます。

伊賀市周辺は、はるか昔の300万年から400万年ほど遡ると古琵琶湖の底に位置していたと言います。伊賀土鍋で使う土は、この古琵琶湖層から採掘します。特に層の中でも、河口付近で掘る粒子の粗い重い「蛙目(ガイメロ)粘土」と、湖の中心部に沈殿した粒子の細かい軽い「木節(キブシ)」粘土の2種類の巧みな配分で、どの土鍋にも退けを取らない逸品を生み出しています。

使うほどに愛着が深くなる伊賀焼の土鍋

伊賀焼土鍋の魅力の一つは素朴な質感。作陶職人は、土のざらつき感を残しつつ、手指の指紋がなくなるほど美しく仕上げます。

窯の炊き加減、蒔選び、そして伊賀産の釉薬など、優れた素材と匠の腕があることは重要です。しかしながら、それだけでは伊賀焼土鍋が一流と言われることはありません。今もなお継承し続ける「伊賀焼の文化」が息づいていなければならないと、七代目長谷優磁氏は言います。その文化とは、何よりも普段の食卓の中心にあって、美味しいご馳走を作るためにあるトップクラスの道具を目指す、ということに他なりません。

その昔、伊賀焼の職人たちは、競い合って土鍋を薄く焼き上げる腕比べをしていたそうです。長い間地圧に耐えた土は、石炭状の有機物を含み窯で焼きあがると燃え尽きて気孔だらけの表情を出します。そのため熱が加わり膨張しても直火に強い土鍋ができます。伊賀焼土鍋は薄く仕上げても丈夫なのは、この土のおかげ。ガスコンロに耐えられるギリギリの薄さで完成した土鍋は、だし汁や具材を入れて主婦が運ぶのにも楽だと評判をいただいてます。ふたの持ち手には菜箸やおたまを置ける切れ込みが入っています。こだわりは、使い手の身になってモノづくりしていくことです。

伊賀焼土鍋の魅力の一つは素朴な質感

「食卓をもう一度考え直さねばならない時代が来た」「作り手は真の使い手でなくてはならない」七代目長谷優磁氏の思いこそが匠です。

昨今、教育の場では食育が讃えられる一方で家族団らんが日常でない社会との矛盾が囁かれています。伊賀焼の長谷園の発想は、この矛盾をあえて肯定し、それならば主婦の役割を少しでも楽にして誰もが調理人となればいいのでないか・・・七代目長谷優磁氏の発想の軸は"台所、食卓、道具"というハードにあるのではなく、"料理をする、調理をする、さらに美味しく楽しく食べる"というソフトに核があります。

七代目長谷優磁氏は「食卓の中心に鍋があれば皆で囲んで皆が好きなように食することができる。飲みながら食べる、作りながら食べる、話しながら食べる。卓上で"ながら"がいい」と話します。

そんな食育ではない卓育というキーワードがメッセージとして浮かび上がる長谷園では、卓育にまつわる機能・デザインともに魅力ある商品を豊富に作っています。冷やご飯をふっくら炊きたてのように蒸して温めたり、食材と調味料を入れるだけで料亭の逸品が仕上がる「陶珍」、好みの素材を網に載せて数分で燻製が出来上がる「いぶしぎん」などが人気だとか。

長谷園の伊賀焼土鍋は、使い勝手を最優先し「煮る、蒸す、炒める、焼く」の要素を巧く活用できるように、メイン用途に応じて様々なフォルムやデザイン、サイズを用意しています。普段使いにこそ本物の匠の土鍋、伊賀焼土鍋ではないでしょうか。本物は違います。

七代目長谷優磁氏
取材手記 ライター高橋千織
伊賀の地にて、ニッポンとニッポン人の温かさを実感。

長谷園の敷地内の建物は、ほぼ国の登録有形文化財に指定されいるそうです。名古屋から最寄りの「伊賀上野」駅までは2両編成の関西本線に揺られ、立派な瓦屋根がひしめき合う日本家屋を、車窓から眺め楽しみました。古き良き日本の風景が伊賀には残されているのですね。お話を伺った長谷優磁さん、ショップの皆様、伊賀上野・長谷園間をご親切に送迎いただいたタクシードライバー様。伊賀の人は、陶器のような心温かなお人柄でした。

■記事公開日:2015/04/16
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼高橋千織=文 ▼高橋千織=撮影

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈4〉
Don't be sorry! 謝る必要はないよ アメリカにきたばかりの日本人は、すぐに「Sorry」 を... 2017.08.03更新
企業見聞
〈14〉
ペット関連市場で業界資産の拡大をも視野にイノベーションを 多くの産業が成熟期を迎え成長率が頭打ちとなる中、犬や猫... 2017.07.26更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
飲食の習慣を見直して"夏太り"と"夏バテ"を解消! たくさん汗をかくし、あまりの暑さに食欲もない...だから夏は... 2017.07.18更新
リーダーズ・アイ
〈2〉
女子卓球元日本代表監督・村上恭和の視点 時間と手間を惜しまない。これが、選手の心を掌握してきた村上流マネジメント 2017.07.13更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈3〉
なぜいまだに『論語』が読み継がれているのか? ビジネスパーソンとしても、ひとりの人間としても十分... 2017.07.12更新
今月の一言二言
〈8〉
マナー違反の"クールビズ"になっていませんか? いよいよ夏。ノーネクタイ、ノージャケットの... 2017.07.03更新
日本の匠シリーズ
〈9〉
お客さまの想いを判子に刻む 唯一無二の"顔づくり"を職人技で 日本で判子が普及し始めたのは、江戸時代の中期頃... 2017.06.28更新
リアル・ビジネス
英会話
〈3〉
I'm a businessman. 勘違いしやすい英単語 カタカナにあふれた日本では、「それが正しい英単語」・・・ 2017.06.08更新
働く男の健康ライフ
〈3〉
テニスボール1つで、話題の"筋膜リリース"を! 人間のカラダの中は筋膜という薄い膜で覆われており... 2017.06.02更新
エリア特集
〈13〉
日本経済の一翼を担う大阪市《前編》 大阪は、古くは首都として、近世以降は商工業の中心として栄え・・・ 2017.05.29更新
チャレンジ・スポーツ
〈10〉
社交ダンス 興味を持ったら、 二の足踏まずに、ステップ踏んで! 『Shall we ダンス?』という映画をご存知でしょうか。これ、といった趣味を持たない、 2017.05.26更新
今月の一言二言
〈7〉
"興味に対する瞬発力"を、あなたはお持ちですか? 日本生産性本部の「レジャー白書2016」によると、 2017.05.11更新

バックナンバー※2017.04.17 現在