偉人たちの言葉 #2

超解説 若手が心に刻みたい 偉人たちの言葉

新しいことを始める時

I frame no hypotheses.私は仮説をつくらない。

Isaac Newton(アイザック・ニュートン/1642-1727) 

英国の哲学者、自然哲学者、物理学者、数学者、天文学者。ニュートン力学を確立して科学文明の土台をつくった。万有引力の法則、微積分法の発明、光のスペクトル分析は全て25歳頃までに成し遂げた。

解説
計画に基づいたリスクヘッジが言われる現代のビジネスシーンにおいて、この言葉はその対極にある考え方と言えるでしょう。仮説を立てない新事業など現実的には無謀、とお考えになる方も少なくないと思います。この言葉は、そんな方にこそ吟味していただきたいと思います。何か新しいことを始める時には、着地イメージ(仮説)を持っていた方がブレがありません。しかし、仮説を立ててしまうと、それが先入観となって柔軟な発想ができなくなる場合もあります。結果、途中で疑問に思っても軌道修正できずに、仮説通りに"間違った着地"をしてしまうことになり兼ねない。ニュートンは、そこを示唆しています。
Indecision is often worse than wrong action.決断しないこと。時にそれは、間違った行動より悪い。

Henry Ford(ヘンリー・フォード/1863-1947)

フォード・モーター創業者。1918年までに米国で保有される自動車の半分はT型フォードとなり、最終的な販売台数は1,500万台を超え、米国の発展のシンボルとして産業と交通に大革命をもたらした。

解説
ビジネスの大原則は「先手必勝」に他なりません。他社(他者)に先んじて事を起こし、走りながら考え、途中で問題が顕在化すれば、臨機応変に修正をしてゆくことが肝心です。例えば、新しい商品や新サービスを市場導入しようとする場合に、マーケティングや社内稟議に時間をかけ過ぎた余り、競合相手に先を越されてしまったという残念なケースをしばしば耳にします。「あのとき決断しておけば」と思っても後悔役にたたず。2番手の市場認知度は、1番手の半分以下になるそうです。間違いは正すことができますが、決断せずに逃した影響力は回復させるのが困難です。ニュートンの示唆と相通じる部分がある言葉です。
I owe my success to the fact that I never had a clock in my workroom.私が成功したのは、仕事部屋に時計がなかったからである。

Thomas Edison(トーマス・エジソン/1847-1931)

米国の発明家、起業家。「発明王」と言われ、生涯でおよそ1,300もの発明を行った。前出の自動車王のヘンリー・フォードは「エジソン電灯会社」の従業員であり、エジソンとは生涯の友人でもあった。

解説
働き方改革が言われ、労働時間の短縮についてさまざまな議論が行われている日本において、エジソンのこの言葉は大いに考えさせられます。発明は、すべてが0からスタートする未知なるもので、当然ながらその過程においては"残業"などという概念はありません。時間の枠にとらわれず、それこそ寝食を忘れて目の前のことに取り組んでこそ、良き成果は導かれるもの。世紀の発明王はそう言っているのです。もちろん私たちは発明家ではありません。「今の時代ナンセンスだよ」と言われれば、確かにそうかも知れません。しかし、新しいことにチャレンジしようとする時は、そのくらいの気概を持って臨みたいものです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2018/05/02
▼構成=編集部

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ