Female Viewpoint シンガポールNOW #5

ワーキングホリデーも厳しいらしい!そのシンガポール事情って何?

前回に引き続き、「シンガポールのビザ取得事情」についてご紹介します。
シンガポールで働きながら暮らしたい、となると、いわゆる入国を承諾する査証ビザの中でも、ワーキングホリデーを利用するのが一般的です。
ワーキングホリデーとは旅行とは違い長期滞在が許されるビザのこと。日本とワーキングホリデー協定を結んだ国であれば、半年から2年の滞在許可がおり、その間は就労、就学も含めて生活ができます。シンガポールのWork Holiday Programmeは、滞在期間は最長で半年、しかも延長不可というものの、日本人であれば「ワークホリデーパス」は申請できます。
なかなか厳しい
狭き門のワークホリデーパス

ただし、基準が厳格で、申請時に18歳以上25歳未満であることに加え、世界大学ランキングで過去5年間に200位以内にランクインしている大学の在学生もしくは卒業生が対象とされています。日本に当てはめてみると、東大や京大、早稲田や慶應といった主要11大学の在学生もしくは卒業生のみが対象なので、狭き門と言われています。
ちなみに、私は前回の記事でご紹介した「エンプロイメント・パス(EP)」ホルダーの配偶者が取得できるディペンデント・パス(DP)と呼ばれるビザでシンガポールで働くことができました。配偶者ビザの場合は、レター・オブ・コンセント(LOC)と呼ばれる書類を勤務先がMOM(人材開発局)に提出することで就業できます。

ディペンデント・パス(DP)での就労の場合は、月給の最低基準なども設けられていないため、企業側としても採用しやすいのが特徴です。ただし、日系企業の駐在員の奥さんたちは企業側からシンガポールでの就労を禁止されているというケースも多いので、日系企業としては採用に苦労しているようです。
就労ビザが取得しづらいだけでなく、既出記事でも紹介した通り家賃も高いとなると、日本人にとってシンガポールはなかなか住みにくい国になりつつあるのかもしれませんね。次回は「シンガポールのスマホ・タブレット事情」についてお話します。
大井あゆみ Ayumi Ooi
1980年大分県大分市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、教育関連企業に就職・転職を経て、ライター活動を開始。2012年3月からシンガポール在住。オンラインニュースサイト「シンガポール経済新聞」編集長を務めるほか、ライターとしてのさまざまなウェブメディアでの執筆・編集をてがける。
http://singapore.keizai.biz
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/09/19
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼シンガポール経済新聞編集長・大井あゆみ=文 ▼大井あゆみ=撮影

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ