Female Viewpoint シンガポールNOW #14

シンガポールの新年のお祝いは2月初めにピークを迎えます。

2015年から2016年の年末年始、皆さまはどのように過ごされましたでしょうか? 12月28日に仕事納めとなり、29日から1月3日まで6連休、そして1月4日から仕事始めという方も多かったのではないでしょうか。
日本では少なくとも12月31日にはオフィス街は静まり、新年らしい空気に包まれます。しかし、シンガポールでは日本のような仕事納めはなく、多くの企業が12月31日まで営業しています。祝日となるのは1月1日の元旦のみ。今年は1月2日と3日に土日が重なり3連休になりましたが、通常は企業も学校も1月2日には平日に戻ります。
12月31日も働く
シンガポールのビジネスパーソン。

大晦日にはベイエリアでカウントダウンの花火が上がったり、シンガポーリアンたちは会社の仲間や取引先の人たちと新年の挨拶メールを交換したりと祝賀ムードになるものの、日本のような初詣や賀詞交換会などもないため、意外にあっさりとした印象です。
ところが1月中旬になると街全体が一気にお正月の雰囲気になります。商業施設に正月飾りが取り付けられ、正月用の雑貨や食品などが店頭に並び始めます。人口の約7割を中華系民族が占めるシンガポールでは、旧暦で祝うチャイニーズ・ニューイヤーの方が年越しよりも盛大に祝われます
ローヘイ!と叫びながら
正月料理を豪快に食べる。

そして旧正月ともなると、お店やオフィスの入り口で商売繁盛を願う獅子舞が披露され、賑やかさも佳境を迎えます。中華系シンガポーリアンの知人によると、新年会で大忙しのビジネスマンも多く、宴会では刺身と野菜が盛りつけられた正月料理を「撈起(ローヘイ)」と声を掛けながら、会社の発展を願って豪快にかき混ぜながら食べるのが恒例だそうです。箸を動かす時に「ローヘイ」と大きな声で叫ぶのがポイント。豪快に食べる、皿からはみ出すほど食べる。すなわち「皿からあふれるほど大漁になるように」という願掛けだそうです。
この時期にシンガポールに出張の際は、仕事仲間とローヘイに挑戦してみてはいかがでしょうか。ただしお皿の具材は、少しだけ残しておいた方がいいかもしれません。全部食べるということは、お金が無くなってしまうという説もあるそうです。

早川すみれ Hayakawa Sumire
2006年よりライター活動を始める。芸能界からビジネス界までインタビュー記事を中心に、WEBや雑誌などさまざまな媒体のコンテンツ企画・執筆を担当。2014年4月よりシンガポール在住。現在は日本のWEBメディアのほかに、「シンガポール経済新聞」でニュース執筆などをてがけている。
http://singapore.keizai.biz
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/01/22
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼シンガポール在住ライター・早川すみれ=文 ▼早川すみれ=撮影

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話〈7〉
〈7〉
You might want to... 人に行動を促したいとき ビジネスでは、誰かに具体的な行動を促したい場面や... 2018.02.07更新
ビジネスBOOK
〈1〉
センスは知識からはじまる あなたは自分で「センスがいい」と思いますか? それとも「イマイチ」だと... 2018.01.30更新
領国経営
影の実力者たち〈1〉
〈1〉
竹中半兵衛 「昔楠木、今竹中」というフレーズを耳にしたことはないだろうか。... 2018.01.24更新
若手のための
“自己キャリア”〈1〉
〈1〉
言葉の断捨離 2010年の流行語大賞にもノミネートされ話題になった『断拾離... 2018.01.11更新
働く男の健康ライフ
〈6〉
仕事のベストプラクティスを!"骨盤歪み改善ストレッチ" ここ近年「骨盤矯正」というキーワードがテレビや雑誌等で... 2017.12.18更新
日本の匠シリーズ
〈11〉
技術が織りなす華やかな紋様 世界が認めた江戸切子 江戸切子は、1834年(天保5年)江戸大伝馬町の... 2017.12.14更新
リアル・ビジネス
英会話〈6〉
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈5〉
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新

バックナンバー※2017.04.17 現在