東京発・全国ふるさと物産店ガイド #3

三重県 東京発・全国ふるさと物産店ガイド

都道府県が都内に出店するアンテナショップは、故郷の特産品やご当地限定の旬の食材を求める人のほか、人気の観光スポットやお祭りイベント情報を聞きにくる人たちで、今夏はどこも盛況のようでした。特に中央区日本橋界隈は、大手百貨店や江戸から続く老舗の店が多く、ショッピングの帰りに立ち寄られるお客様が多く見られました。

この日本橋から京橋、銀座にかけては、福島県、島根県、奈良県、山口県、山梨県、京都府などが競い合って出店しているアンテナショップの激戦区となっています。その中でも、ひと味もふた味も特徴的な、まるで逸品展示会のようなイメージを醸し出しているショップがありました。匠の工芸品、旬の特産品はもとより、文化、歴史、伝統をセレクトした三重県のアンテナショップ、三重テラス(東京都中央区日本橋室町2-4-1)です。

三重県と言えば、松阪牛、伊勢うどん、伊勢エビ、赤福餅、伊勢神宮、熊野古道、海女、真珠、忍者、鈴鹿サーキット・・・「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!(三重県観光キャンペーンのキャッチフレーズより)」というように、意外と身近で知られているモノや観光地は実に多くあります。

また全国屈指の生産を誇る土鍋、あおさ、伊勢茶の他、三重の豊かな自然に育まれた品々は数えたら枚挙にいとまがないほどです。日本酒通ならば、半蔵、義左衛門、作と、美味しい銘柄が次々と出るのではないでしょうか。

そんな三重県の特産品約1,200点をセレクトした三重テラスで、ひときわ目につくのが伊賀焼の土鍋です。たかが土鍋、されど伊賀焼土鍋。質実剛健でシンプルな鍋からは想像以上の美味なご飯が炊けるようです。その秘密は鍋の素材となる粗土の伊賀陶土にあるとか。プロの料理人にも愛される逸品です。
その他、職人の技が光る萬古焼(ばんこやき)も見逃せません。デザイン性に優れたセラミックス製の鍋「BLISSIO(銀峯陶器)」は価値ありの逸品です。

店内でつい足をとめてしまうコーナーがありました。美味しい餅のコーナーです。三重県の"お餅街道"はご存知でしょうか。お伊勢詣に端を発する参宮街道沿いには、旅人が一服できる和菓子屋の名残で、老舗のお餅屋さんが点在しています。その老舗店から"太閤出世餅"や"なが餅"などの名物餅が届きます。

三重テラスがおすすめする品をお聞きしました。全国生産量一位のあおさ、三位のお茶、人気の伊勢うどん、銘酒などが入った三重ならではのギフトセット『おもてなしのこころ』は、贈り物やご挨拶の品として評判のようです。店長一押しは「熊野市で発見された新種の柑橘新姫の果汁」。こちらの新姫はスダチやシークワーサーのように酸味が強く、爽やかな苦みが特徴。「焼酎に割ってもいいですよ。これからの季節は干物や鍋物にもおすすめです」とのこと。平成26年までは三重県熊野市以外では栽培できないことになっている新姫、まさに貴重な果実を食卓に一本、三重テラスでお買い求めいただけます。

美味しい三重はいかがですか
三重テラスのイタリアン&カフェでは三重の旬の食材の良さを活かしたメニューをご用意しています▲期間限定ランチメニュー/「尾鷲産 マヒマヒ(シイラ)と飯高町 洞窟キノコのソテーバジルソース 三重県十六穀米の健康ライス」 ¥1,500/尾鷲で水揚げされた新鮮なマヒマヒ(シイラ)と、飯高町の洞窟キノコを香ばしくソテー。風味豊かなバジルソースが食欲をそそります。 脂肪の少ない良質なタンパク質のマヒマヒと、三重県産米" 結びの神 " に雑穀を合わせた十六穀米と共に、 ヘルシーな三重ランチをお楽しみください。豊潤な香りが秋の訪れを感じるひと皿。 ぜひこの機会にご賞味ください。
三重を体感する
▲三重テラス2階のイベントスペースでは、三重の魅力を紹介する講座やワークショップなど様々なイベントを連日開催しています。9月27日からは三重テラス1周年記念「おかげさま祭」が開催されます(10月5日まで)。三重を体感できるこの機会を、ぜひお見逃しなく。
▲COOL MIE トークライブ/概ね月1回のペースで開催している「COOL MIE トークライブ」は、多彩なゲストを迎えて三重の旬な情報を発信するイベント。ぜひご注目ください。(写真は「世界一しあわせな子育て」について駐日フィンランド大使館参事官のミッコ・コイヴマーさんをお迎えした回の様子)
▲ワークショップ/三重を体感するワークショップなども随時開催しています。(写真は夏休み企画☆親子で楽しむワークショップの様子)
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/09/22
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影 ▼写真・資料提供=三重テラス

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ