東京発・全国ふるさと物産店ガイド #10

兵庫県 東京発・全国ふるさと物産店ガイド

兵庫県は、よくよく地図で眺めてみると、実はとても多様性に富んだ県であることに気がつきます。宝塚に甲子園、世界遺産の白鷺城こと姫路城や神戸ルミナリエとバラエティ豊かに都市が点在しています。瀬戸内海と日本海に挟まれていて、寒暖の差はあるし、海の幸と山の幸、島の幸、平野の幸と農作物も多彩に揃います。明石焼や神戸ビーフ、松葉カニなど美味しいものも事欠きません。

東と西、北と南では文化が違うと言っても過言ではない多面性、多様性を持つ兵庫県。その魅力をいっぱいに詰め込んだアンテナショップが東京有楽町にありました。兵庫わくわく館(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビルB1F)です。

大人が一歩ショップに入って見ると、手を伸ばせばどの商品にも触れることができるほどの狭い空間なのに、なぜか飽きないほど商品がぎゅーと陳列されています。それもそのはず。「7坪の商店街」をコンセプトにしているということで、棚の一区画一区画が小さなお店、いわゆるレンタルショーケースのようなイメージです。

その言葉通りに棚を見ていく様はまるで商店街に迷い込んだようで、宝探しのようなワクワク感がしてきます。まさに「兵庫わくわく館」というわけです。「兵庫県内のメーカーが東京進出の足がかりになるようにココを活用してもらいたい」との兵庫県観光大使でもある店長の説明通り、県内では名の知れた老舗はもとより、創立して間もない若い企業の意欲的な特産品などが一同に揃います。

まずは春の兵庫と言えば、播磨灘や大阪湾で解禁となるイカナゴのくぎ煮。佃煮の一種で、ご飯が何杯でもススム逸品だとか。毎年この時期になると、瀬戸内の町中がいかなごを煮る匂いでいっぱいになるそうです。人気の商品は全国有数の生産量を誇る「淡路島産」たまねぎを使用したオニオンスープです。売上げ上位を争うのは、マイヤーレモンの果汁を使ったレモンの塩ぽん酢。数量限定ということもあって、来客された方は皆さん次々とお買い物かごに入れてました。

兵庫わくわく館は東京山手線「有楽町駅」前にあるということもあり、ウィークデーのランチタイムやアフターファイブはサラリーマンやオフィスレディで賑わいます。ご常連さんも多いとのこと。店頭に並べられている商品、特産品一つひとつに、手作りのポップで食べ方や使い方、セールスポイントが丁寧に描かれています。店長の細やかさもご常連さんを引きつける魅力なのかもしれません。

一見さんにも気軽にお声をかけ「神戸ポートタワーのペットボトルはきれいなので、飲み終わった後はインテリアにもいいですよ」。そんな小話が聞けたりもします。珍しい逸品に、ワインのワンカップがありました。神戸ワインの美味しさが手軽に味わえます。明石ぺったん焼きは、真ダコを分厚い鉄板でプレスしたカリカリの大判せんべいです。兵庫の明石でいただく味そのままを、東京の兵庫わくわく館でもいただけます。

おすすめワクワク商品
▲神戸ワイン・ミニグラス/本格的神戸ワインを手軽に。フタを開けたらそのまま飲めるワインが、オフィス街の東京・有楽町でも人気。デザインがおしゃれなので、美味しいワインを飲んだ後でもグラスとしてご利用いただけます。
▲明石ぺったん焼き/兵庫と言えば明石の真ダコ。真ダコを使ったお菓子と言えば、ぺったん焼き。その製法はいたってシンプル。特性タレで味付けした生地の上にタコをセット。それを鉄板で圧力をかけ、じっくり薄く焼くそうです。パリパリとした食感に、お口の中は香ばしさが広がります。
▲淡路産タマネギ/タマネギの甘みはご存じですか。淡路産ならではのタマネギは日本一おいしいと大評判。オニオンスープにしても良し、オリーブオイルを入れたフライパンで炒めても良し、サラダにしても美味しいタマネギ。兵庫わくわく館のおすすめ逸品です。
■記事公開日:2016/02/29
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影 ▼写真・資料提供=兵庫わくわく館

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話
〈6〉
What does it stand for? それは何の略ですか 英会話がついていけなくなるのは、むずかしい単語が... 2017.12.01更新
チャレンジ・スポーツ
〈12〉
50才を過ぎて!スカッシュ おしゃれなトレンディ・スポーツ"として人気を集めたスカッシュ... 2017.11.24更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈5〉
効率化時代の中小企業のビジネスデザイン 「デザイン」をキーワードに、マーケティングとの関係性を... 2017.11.20更新
リーダーズ・アイ
〈3〉
元広島東洋カープ・2013WBC日本代表監督・山本浩二の視点 "ミスター赤ヘル"こと山本浩二さん。広島東洋カープの第一次黄金期のス... 2017.11.13更新
今月の一言二言
〈10〉
アナログの極み『広辞苑』は、なぜ売れ続けているのか 『クラウド、赤塚不二夫...広辞苑にのりのり』これは... 2017.11.04更新
企業見聞
〈15〉
グローバル戦略で、 世界の麺市場を席巻する 2015年9月。日本企業の進出ラッシュが加速していた... 2017.10.25更新
リアル・ビジネス
英会話
〈5〉
This is he. それは私です 本語でのやり取りでさえ、多少の緊張を強いられたり... 2017.10.03更新
シリーズ清野裕司の談話室
〈4〉
いまの時代"ベンチマーク"は有効なのか? 上手くいっている企業の仕組みを手本にしているのに... 2017.09.26更新
日本の匠シリーズ
〈10〉
表現を行う上では、男も女もない。 大切なのは、妥協なく精進し、覚悟を持つこと。 およそ300万人もの観客が訪れた今年の青森ねぶた祭... 2017.09.21更新
働く男の健康ライフ
〈5〉
また今日も眠れない...、その理由は?改善策は? 皆さんは毎晩十分な睡眠をとれていますか?... 2017.09.19更新
今月の一言二言
〈9〉
もし、エディー・ジョーンズが、あなたの上司だったら 2015年のラグビーワールドカップで、世界3位の南アフリカを破った日本... 2017.09.05更新
エリア特集
〈14〉
日本経済の一翼を担う大阪市《後編》 1970年3月15日から9月13日まで開催され、6421万8770人もの人々が訪れた大阪万博... 2017.08.25更新

バックナンバー※2017.04.17 現在