若手ビジネスマンのための「自己キャリア」

ビジネスライター吉村高廣 若手ビジネスマンのための「自己キャリア」 #06 リサーチ力

情報の洪水からより良いものを選択するチカラ

このコラムは「ビジネスライター」という肩書で原稿を書いていますが、私のファーストキャリアは広告のコピーライターです。昔は制作会社に勤めていて、住宅から船旅、化粧品に至るまで、ありとあらゆる広告コピーを書いていました。PRする製品やサービスがあれこれ変わるので、頭を切り替えるのがひと苦労でしたし、何より情報収集が大変でした。その頃はまだ、インターネットが普及していない時代でしたので、情報は足を使って集めなくてはなりません。大変な作業だからこそムダ足になってもいけません。そこで鍛えられたのが、情報を得て選択する「リサーチ力」です。現在は、経営者や技術者などにインタビューをして原稿作成する仕事が多くなっていますが、そうした仕事をする上でリサーチ力は欠かせません。詳しくリサーチができていれば、たとえ初対面の相手でも自信を持ってインタビューに臨むことができます。こうした自信は、どのようなビジネスであっても欠かせないスキルであると確信しています。

リサーチ力を向上させるための訓練は、実務を通しても行えますが、個人的な趣味の範疇でも可能です。仮にあなたが、1年後にハーフマラソンを走る目標を立てたとしましょう。その目標を達成するためには「自分に足りないものは何か」を、まず知らなければなりません。次いで、そこで出てきた項目を「潰して行くにはどのような手段があるか」の情報を得ます。手段が分かったら、それは本当に正しいのかを「他の情報と比較して検証・選択」します。あとは、自分が選択した手段を実践するのみです。ただし、趣味はビジネスと違い、目標達成時期がマストな条件ではありません。「この調子じゃとても無理」と思えるのなら、途中で手段を見直したり、目標達成時期を延期させてもいいでしょう。いずれにしても、ネットの中に氾濫している情報というのは、あくまでも「投稿者の主観である」という認識を持つことが大事です。


Point

「リサーチ目的」、「調査内容」、「情報の照らし合わせ」、「納期」、以上を、リサーチを行う際に意識すべき4つのポイントとして挙げました。中でも重要なのが「情報の照らし合わせ」です。ネット上の情報は多様であるがゆえに、すべてが同じ結論に至ることはまずありません。正反対の評価もあれば、微妙に異なるもの、さらには明らかに悪意を含んだ悪口も少なくありません。こうした中からベストな選択をするためには、数多くの情報に触れて最も多い評価を基準とすべきです。ウィキペディアを参考にリサーチを済ませている方も少なくないと思いますが、それだけで終えていると痛いしっぺ返しがあるかも知れません。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

相手のことについて十分な下調べができていないインタビューは絶対に上手くいかない。これは私が身を持って体験し、その反省から導かれた教訓です。あらゆるビジネスもこれと同じことが言えるのではないでしょうか。あなたの会社がどれだけ優れた製品やサービスを持っていたとしても、相手と向き合うあなた自身が、先方のことを正しく理解できていなければ「信ずるに値せず」と、人間的評価を下されてしまいます。「相手のことを知っている」、これはビジネスにおける最低限のマナーとも言えるでしょう。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2016/07/19
▼構成=編集部 ▼文=編集部ライター・吉村高廣

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ