ビジネス休符 音楽談議・日本ポップス #6

現代のビートルズが日本からデビュー?

music photo01
世界でも高い関心をもって注目されるようになってきた
日本のポピュラーミュージック。
ネット配信などインターネットの普及により
「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」が
アメリカで紹介された時とは比べものにならないくらい、
世界との距離を縮めています。

しかしこれだけ世界中に日本の音楽が浸透したにも関わらず
未だに米ビルボードを始め世界のヒットチャートで
「SUKIYAKI」を越えるヒットを飛ばした日本人の楽曲が
出ていないのも事実です。

過去に数多くの大物ミュージシャンたちが
世界進出を目指し挑戦しましたが、
ほとんどが失敗に終わっています。
そこには言語、文化、習慣、宗教感など
様々な壁が存在しています。世界共通というのは
そう簡単には生み出せるものではありません。
万が一、様々な壁を取り払うことができたとしても、
ワールドワイドなヒットが生まれる保証はなにもありません。

しかし日本のポピュラーミュージックに内包する
音楽的ジャンルを越えた多種多用なこれまでの試みと楽曲、
さらにはミュージシャンのクオリティの高さは
決して欧米のミュージックシーンに引けをとらぬばかりか
むしろ越えるものさえあります。
それはいつか坂本九の「SUKIYAKI」をも越え、
私たち日本のリスナーさえもが考えもつかなかった方法で、
言語、文化、音楽的ジャンルの壁をも壊すような、
そんな世界を圧巻する現代のビートルズが
日本から現れる可能性は十分あり得ると信じています。

世界で大ヒットを遂げた「上を向いて歩こう」を題材に
日本のポピュラーミュージックの在り方や発展を
書いてきたこの連載も今回で最終回です。
長い間、おつきあいいただき、ありがとうございました。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2015/02/18
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼音楽談義家・クリハラ☆シロー=文 ▼写真撮影=渡部恒雄

過去の記事

ビジネスBOOK
〈3〉
感動をつくれますか? 論理的には間違っていない。でも、何か違う。ピンとこない。 2018.07.09更新
日本の匠シリーズ
〈12〉
研磨の神業で唯一無二のビアタンブラー 新潟県燕市は知る人ぞ知る金属加工の町です... 2018.06.29更新
働く男の健康ライフ
〈8〉
解消!メタボにまつわる"誤解"のあれこれ 厚生労働省の調査によると、成人男性の肥満率は31.3%で... 2018.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈3〉
〈3〉
MEMO入門 知人が取締役を務める広告制作会社でのことです... 2018.06.12更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈7〉
〈7〉
必要なのは、仕事に対する瞬発力と対応力 前回は、高い完成度を求めて仕事に時間をかけるより... 2018.06.01更新
エリア特集
〈16〉
さいたま市随一のビジネスエリアでキーステーション さいたま市大宮区 大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、中心には... 2018.05.30更新
領国経営
影の実力者たち〈2〉
〈2〉
アメとムチのコーチングによって、部下を「やる気」にさせた鬼"立花道雪" 「鬼道雪」と周辺の国々から恐れられた立花道雪は... 2018.05.28更新
偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ