ビジネス休符 音楽談議 #5

カウンターカルチャーの逆襲

music photo01
1969年ウッドストック・フェスティバルをきっかけに、
カウンターカルチャーとしてのロックは
音楽産業のひとつとして大衆化発展していきます。
これまで若者の身近な生活問題や社会への不満、
自己批判を代弁するツールであったロックミュージックが
音楽的発展を横目に、ロックからどんどん遠ざかってしまいました。

しかし若者の熱いエネルギーはいつの時代も変わりません。
大衆化していく音楽にフラストレーションが溜まり、
やがてうっぷんをはらすかのように、ニューヨークの片隅の
小さなライブハウスから「カウンターカルチャーの逆襲」のごとく
ある刺激的なロックムーブメントが登場します。パンクロックです。

彼らの楽曲は、単純なコード(パワーコード)を、
3つのコード進行で循環させたシンプルなロックンロールに
反権力的な歌詞をのせて、激しく歪ませることで、
若者目線での不満や絶望を身近に感じさせる
まさに生きた音楽を生み出していました。
このムーブメントが英国に紹介されると
当時失業に苦しむ英国の若者に熱狂的に指示されます。

「ムーブメントは作るものではなく作られるもの。」
そう話すマーケッターがいますが、
まさにロックは音楽メーカーが仕掛けるのものではなく、
若者のエネルギーから湧き出てくるものなのかもしれません。
・・・・・・・つづく。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/11/23
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=監修 ▼音楽談義家・クリハラ☆シロー=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ