マーケティング・ランチボックス #3

消費者だけがお客様ではない

道行く女性に愛想よく割引券を配っている美容院のスタッフ。仕事の性質上、女性をメイン顧客としているのでしょうが、男性には目が合っても割引券を配ろうとしません。実はこの段階で『顧客獲得の機会』を失っているとも考えられます。

男性自身が自分で使おうという気はならないにしても、持って帰れば家族が喜ぶかもしれません。そのことがきっかけで新たな固定客の開発につながるかも知れません。

もちろん、お金をかけて準備した販促物は、利用する可能性のあるターゲットに直接届けたいという思いがあるのでしょう。しかし「ご家族の方にどうぞ」「ご友人の方にどうぞ」の一言を添えて渡すことで、『目に見える顧客予備軍』にアプローチするだけではなく、口コミという機能を働かせ、『その先の顧客』を獲得できる可能性が生まれます。

似たようなケースは他にもあります。「自分は店のスタッフじゃないから」と、客が食事をしているそばで乱雑な仕事をする飲食店への出入り業者。会社が同じビルに入っていて、しょっちゅう顔を合わせながら、我関せずと挨拶すらしないビジネスパーソンなど。

自分に直接評価を下し、目先の利益となる人にのみ興味を示し、その先にいる『ひょっとしたら顧客になり得る存在』のことが視野に入っていないことが多いのです。

すぐにお金を落としてくれる消費者だけがお客様ではありません。売れるビジネスパーソン、成功しているビジネスモデルというのは、必ずこの視点を備えています。そしてまた、こうした考え方自体が、『マーケティング的発想力』と言うことができるのです。
Yuki Akama
赤間裕樹
株式会社マップス
マーケティング・スタッフ
1982年東京都青梅市生まれ。早稲田大学教育学部を卒業後、 株式会社マップスに入社。
各種企業へのマーケティング・プランニング支援、中小メーカーの営業体制構築支援、不動産の新事業立案などのほか、
マーケティング勉強会・交流会を主催し、成果を「企業診断ニュース」 に掲載。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2013/07/25
▼編集部=構成 ▼清野裕司・吉村高廣=監修 ▼赤間裕樹=文 ▼写真=アマナイメージズ

過去の記事

偉人たちの言葉
〈2〉
新しいことを始める時 私は仮説をつくらない。・・・ 2018.05.02更新
リアル・ビジネス
英会話〈8〉
〈8〉
At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ 英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語... 2018.05.02更新
大人の趣味活
〈2〉
そば打ち 味わう楽しみ 振る舞う喜び 中高年のビジネスマンに"無趣味"な人が増えているそうです。この企画はそう... 2018.04.23更新
オトコの休日クッキング
〈1〉
鶏のささみと豆苗サラダ/エリンギと舞茸のたらこソースがけ 男子たるもの厨房に入らず...なんてことは昔のはなし。今は、自分のことは自分で... 2018.04.20更新
リーダーズ・アイ
〈4〉
昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子の視点 官僚として長いキャリアをもち、大ベストセラーとなった「女性の品格」 2018.04.13更新
働く男の健康ライフ
〈7〉
「あれっ? 何だっけ...」が、最近ちょっと多すぎる 年齢を重ねると、誰もが"物忘れ"が気になり始めます。そして... 2018.04.09更新
ビジネスBOOK
〈2〉
世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 書店を見渡すと、ビジネスを成功に導くための、様々なスキルが 2018.04.03更新
企業見聞
〈16〉
百花繚乱の"東京土産"市場で トップシェアを目指す 北海道なら白い恋人、仙台なら萩の月、名古屋なら青柳ういろう... 2018.03.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈2〉
〈2〉
著作権を知ろう 昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)が民間の音楽教室からも... 2018.03.16更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈6〉
〈6〉
ビジネスに求められる拙速の心がけ じっくり時間をかけて完成度の高い仕事をするのが... 2018.03.08更新
偉人たちの言葉
〈1〉
逆風に晒された時 何事も達成するまでは不可能に見えるものだ。... 2018.02.27更新
エリア特集
〈15〉
基地の街から先進的なビジネスエリアへ 東京都立川市 基地の街から先進的なビジネスエリアへ 進化が止まら... 2018.02.23更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ